• TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第42回 誇り高きオーディンの軍馬!!「スレイプニル」!!!!
  • TOP
  • 爆連載 > 【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第42回 誇り高きオーディンの軍馬!!「スレイプニル」!!!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第42回 誇り高きオーディンの軍馬!!「スレイプニル」!!!!

【パズドラ】『大塚角満のモンスター美術館』 第42回 誇り高きオーディンの軍馬!!「スレイプニル」!!!!

第42回「スレイプニル」

公認プレイヤーの大塚角満が、モンスターの思い出やイラストの秘密を語りまくる!
今回は、前回に続いて北欧神シリーズからスレイプニルをピックアップ!
 

▲神戦の軍馬・スレイプニル


 
フレイヤ、ロキときたら……やっぱりスレイプニルのことを書かなきゃいけないよな!!w
 
スレイプニルはパズドラのイラストでわかる通り、そのものズバリなお馬さんである。
北欧神話においてはオーディンが騎乗する軍馬として知られており、脚が8本あるのが最大の特徴。
 
とてつもなく速く走ることができるのはもちろん、空すら翔けることができたという伝説もあり、馬の枠にとらわれない“神獣”としての位置づけが強いと言える。
しかしその出自はちょっと複雑で、両親は雌馬に化けたロキと“スヴァジルファリ”という屈強な馬だというのだから、
 
「へー……って、え?? あ、あれ??」
 
とキョドらずにはいられなくなる。メスに化けたとは言えロキは男神だし、スヴァジルファリもオスだし……って、もうこれよくわかんねえな。
 
そんな生誕の複雑さを反映したのか、パズドラにおけるスレイプニルも、なかなか波乱万丈な生を歩んでいる。
 
まず、初めて実装された2018年7月、スレイプニルはなんと、ランキングダンジョンの上位入賞者に献上される賞品であった。つまり、選ばれし者しか手に入れることができないという、北欧神話におけるスレイプニルの立ち位置が反映されたものになっていて、マニアを「おおおお!!」と唸らせたのである。
 
そして現在はモンスター交換所に陳列されていて、その気になれば誰でも手に入れることができる状態になったのだが……交換には貴重な“イベントメダル【虹】”が4個も必要という特別扱い!!
ここにきても、“主神・オーディンの騎乗馬”というプライドを維持したまま、その背を許す強者プレイヤーを待っているのであった。
 

▲激減&属性吸収無効という強力なスキルを持つ! が…その反面、LSがない! 完全なるサブ専門のモンスターなのだ!

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

パズドラ最新情報は「公式運営サイト」をチェック!!
https://pad.gungho.jp/member/

 

大塚角満のモンスター美術館 バックナンバー

▲第1回
「流離・エンシェントドラゴンナイト -REX-」&「伝承・エンシェントドラゴンナイト -REX-」

▲第2回
「紅蓮華の戦士・エキドナ -SARA-」&「紅蓮華の女帝・エキドナ -SARA-」

▲第3回
「冥刃の神王妃・ヘラ -LUNA-」&「夜星の神王妃・ヘラ -LUNA-」

▲第4回
「超転生ハク」

▲第5回
「ゼウス -GIGA-」

▲第6回
「ヴァルキリー -CIEL-」

▲第7回
「アテナ -NON-」

▲第8回
「ライザー」

▲第9回
「ミル」

▲第10回
「ウルド」

▲第11回
「サラスヴァティ」

▲第12回
「バステト」

▲第13回
「シェリング・フォード」

▲第14回
「ヴェルダンディ」

▲第15回
「極醒の執行者・メタトロン」

▲第16回
「超転生メイメイ」

▲第17回
「超転生ミネルヴァ」

▲第18回
「極醒の未来神・スクルド」

▲第19回
「花嫁ルシャナ」

▲第20回
「花嫁パールヴァティー」

▲第21回
「極醒カーリー」

▲第22回
「ガディウス」

▲第23回
「ラー」

▲第24回
「サクヤ」

▲第25回
「エスカマリ」

▲第26回
「イズン&イズーナ」

▲第27回
「超転生ラクシュミー」

▲第28回
「ルルナ」

▲第29回
「如月ナイト」

▲第30回
「覚醒デネボラ」

▲第31回
「アメン」

▲第32回
「赤ソニア」

▲第33回
「レイラン」

▲第34回
「超転生ヤマタノオロチ」

▲第35回
「ティラ」

▲第36回
「トロイアの木馬」

▲第37回
「ファガン」

第38回
「ジャバウォック」

▲第39回
「オーディン」

▲第40回
「フレイヤ」

▲第41回
「ロキ」

 

次回は12/16(月)更新!!

©GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)