• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~5~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~5~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×メンタリティしのはらが語る「スプラトゥーン甲子園2020」~5~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×メンタリティしのはら 最終回】

あとばる×メンタリティしのはら(以降、メンしの)対談も今回でラスト!
 
最後は近畿地区大会と九州地区大会を振り返りつつ今大会の印象などをふたりに語ってもらった。L3リールガンが席巻中のいまの環境で勝つために大事なこととは? さっそく対談スタートだ!
 
第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY1

 
第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY2

 
「第5回スプラトゥーン甲子園」九州地区大会 DAY1

 
「第5回スプラトゥーン甲子園」九州地区大会 DAY2

 
メンタリティしのはら選手が所属する月下雷鳴が優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY1」をはじめとする、これまでの第5回甲子園の各地区大会の試合は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
メンタリティしのはら
スプラ界でも屈指のスロッシャー使い。第2回から「スプラトゥーン甲子園」に出場している猛者で、第3回甲子園では準優勝という輝かしい結果を残す。また、今年開催された「第5回スプラトゥーン甲子園2020」では、リーダーとしてチームを牽引。見事に近畿地区大会DAY1を制し、 全国決勝大会出場への切符を手にした。実力と実績を兼ね備えた、スプラトゥーンを代表するトッププレーヤーのひとりだ。

 

今回の甲子園は過去最高のハイレベルな大会!

――近畿、九州と終わったわけですけど、ここまでの第5回甲子園を振り返っての印象はいかがですか。
メンしの:自分で言うのもなんなんですけど、近畿地区大会は優勝候補と言われたDetonatioN Gamingと僕らのところが優勝して、順当だねみたいな感じで言われたところに、九州地区大会DAY1の波乱が出たので、やっぱり甲子園だなと。今回はいままでの甲子園で一番レベルの高い大会だと思うので、今後もこういう波乱は全然ありえると思います。
 北海道や関東、東海も全然油断できない。オンライン大会も2チーム出てくるので、今年は本当にすごいんじゃないかなと思います。すでに全国出場を決めているから出る言葉かもしれないですけど、個人的にはすごくワクワクしていますね。えびチリソースみたいに強いところを破って出てくるチームがまた出るのかもしれないし。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1 6:19:23より引用)

 
あとばる:これまでと違って地区予選の会場数を減らして、ひとつひとつの規模を大きくしたじゃないですか。やっぱりその分、盛り上がりも大きくなるんだろうなと思ったら、思っていた以上に濃厚な甲子園になっていて。近畿の結果を見て、やっぱり実力のある人たちが順当に勝ち上がっていくのかなとは思っていたんですけど、九州を見て「甲子園ってやっぱりこうだよな」と思い直しましたね。DAY1は失礼な言い方になるんですけど、そこまで注目していなかったチームが勝ち進んでいって、DAY2もボールドマーカー7の4枚編成チームが決勝まで行っているじゃないですか。
 こういう面白さが甲子園にはもともとあったよなというのを改めて思い出したというか。いまってあまり環境が動いていなくて、どのチームも似たような編成になりがちで、そうなると実力差が出やすいんだろうなと思っていたんですけど、それでもしっかり甲子園らしい面白い大会になっているなと。たぶん見ている側としても、今回が一番面白い大会になっていくんじゃないかなと思います。
 
メンしの:いまの環境はL3リールガンが多いじゃないですか。L3リールガンが多いと対面が多くなりがちなので、見ている側としては面白いですね。ただ対面が多いということは、そこで負けちゃうと一気に流れが変わる可能性があるので、やっている側としては怖い部分でもあるんですけど。
 


▲九州地区大会 DAY2では4人全員がボールドマーカー7という驚きの編成で挑んだ†Red Splite†が決勝までコマを進める快進撃を見せ、大会を大いに盛り上げた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY2 5:44:40より引用)

 
――全体的に殴り合いというか、倒して倒されてという試合が多い印象があります。
メンしの:そうですね。エリアに近い感じがしますね。
 
――ここまでの大会を見て、カラマリとしてはチームでなにか話したりとかはありましたか。
あとばる:九州地区大会DAY2を優勝した〆る者達と、甲子園の前日あたりにがっつり練習しまして、ムツゴ楼を8回くらいやったんですよ。それで「このチーム強いね」なんて話をしていたら優勝したので、僕らも頑張ろうみたいな話はしましたね。やっぱり、いい刺激にはなりますよね。
 


▲九州地区大会 DAY2を制した〆る者達。メンバーのルオカ団長選手(左端)は、第4回甲子園やNPBの大会にも出場した「ぽぽじろう学園高等部3年A組」の監督を務めたプレーヤーでもある。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY2 6:14:48より引用)

 

L3リールガンが多い環境で勝つために必要なこととは?

――いまはL3リールガンが多い環境ですが、その環境だからこそ勝ち抜くためにはどういう点が重要になると考えていますか。
あとばる:イカスフィアに対するチーム全員の意識ですかね。自分ひとりだけだったら逃げる、味方が複数いたらちゃんと囲んで割る意識を持つとか。最終的にはL3リールガンでの殴り合いになるので、L3リールガンの練度がカギになってくるとは思います。
 極論を言ってしまうと、3分間の中での殴り合いをすべて制すれば勝ちなので。チーム全体としてこのブキにはこう対処するという意識を持ちつつ、あとはL3リールガンを持っている人の対面での練度をどれだけ高められるかという部分ですね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 近畿地区大会 DAY1 5:33:45より引用)

 
メンしの:いまの環境だとちょっとそこは悲しいですね。僕はスロッシャーしか持てないので、N-ZAP85のような普通のシューターならまだしも、L3リールガンはさすがにちょっと持てないのでそこが残念。シープマーカーネオとかを持っている人もそうなんですけど、なんで最近シャープマーカーネオなりN-ZAPなりを甲子園であまり見ないかというと、L3リールガンに対面をかけづらいブキだからなんですよ。なので、こういうブキをメインとしていままでナワバリをやってきた人たちはちょっと悲しいな、というのがいまの環境なんですね。
 
あとばる:そうなんですよね。
 
メンしの:そういう人たちがL3リールガンを持つしかないというのがいまの環境なんですよね。
 
あとばる:結局、L3リールガンを持たずにあえてN‐ZAPやわかばシューターを持つなら、相当の練度を要求されてしまうので出場する側としてはちょっと寂しいところがありますよね。好きなブキが持てないじゃないですけど。
 
――勝ちを突き詰めていくとどうしてもL3リールガンの方がいいという結論になる。
メンしの:「それ持つならL3リールガンでよくない?」みたいな。
 
あとばる:そうなっちゃうので。だからこそ九州地区大会DAY2のボールド4枚がすごく盛り上がったんですけどね。
 
メンしの:L3リールガンだらけの環境でボールド4枚で、なんなら優勝してもおかしくなかったですからね。そういうのもいいですよね。
 
あとばる:夢を見させてもらったというか。
 
メンしの:惜しかったですよね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY2 6:27:50より引用)

 
――ほんとに大接戦でしたもんね。では、最後にメンしの選手から全国決勝大会に向けての意気込みを一言お願いします。
メンしの:もちろん狙うは優勝なんですけど、今年は本当にイケる気がするんですよ。「スプラトゥーン甲子園」は今回で5回目ですけど、GGBOYZが連覇してたりするので優勝を経験している人って本当に少ないんですよ。だからこそ、その中の1人になりたいですね。
 

【今回のまとめ】
・今回の甲子園はこれまででもっともハイレベルな大会!
・L3リールガンが多いいまの環境では殴り合いのアグレッシブな試合展開になりやすい!
・イカスィアへの対処とL3リールガンの練度が勝ち抜くためのカギになる!

 
次回は九州地区大会を制したあのトッププレーヤーが対談に初登場!?
 
さらに盛り上がりを見せる「スプラトゥーン甲子園」についてじっくり話を聞いていくぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は12/24(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)