• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~1~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~1~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~1~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×さっぷ 第1回】

「第5回スプラトゥーン甲子園2020 九州地区大会DAY1」の優勝チーム「えびチリソース」からさっぷ選手が対談に初登場!
 
メンバー全員が甲子園初出場ながら数々の強豪を打ち破り、見事に優勝を果たしたさっぷ選手にあらためて「九州地区大会DAY1」について振り返ってもらったぞ。
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」九州地区大会 DAY1
https://www.youtube.com/watch?v=ZHweSQ252GM
 
さっぷ選手が所属するえびチリソースが優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
さっぷ
「第5回スプラトゥーン甲子園2020  九州地区大会DAY1」を優勝した「えびチリソース」のメンバー。これまで大きな大会での実績はなかったものの、初出場となった「九州地区大会DAY1」でいきなり優勝を果たす快挙を達成。エクスプロッシャーの名手で、とくに準決勝「メキシコジャパン」戦の終盤で見せた連続キルはチームを勝利に導く決定的な一打となった。ここ一番での勝負強さを持ち、全国決勝大会でも大注目なプレーヤーのひとりだ。

 

今回の甲子園で一躍注目を集めた新星!

――おふたりはこうやってお話しするのは今回が初めて?
さっぷ:初めてですね。
 
あとばる:初対面中の初対面です。文字での会話も、この対談の前に初めてDM でちょっとやり取りくらいで。
 
――なるほど。さっぷ選手は、あとばる選手のことは知っていました?
さっぷ:もちろん!
 
あとばる:ありがとうございます。
 
さっぷ:まさか、こんな形で話せるとは思ってなかったので、今日はちょっと緊張しています。
 
――最初にさっぷ選手のことを伺っていきたいんですけど、スプラ歴はどのくらいですか?
さっぷ:自分は『1』のまだウデマエA+が限界だった時代からずっとやっています。
 
――じゃあ、最初の頃からずっとプレーされているんですね。『1』の頃は大会とかはあまり出ていなかった?
さっぷ:出ていなかったですね。リアルの友達と一緒にプレーして遊んでるみたいな。
 
――今回、甲子園は初出場だったということなんですけど、『2』になってから応募してみようかなという感じ?
さっぷ:いえ、実は『1』のときも何度か応募はしていたんですよ。でも、一度も当選したことがなくて。今回初めて当選して優勝までできたので運がよかったですね。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1 6:19:23より引用)

 
――所属チームである「えびチリソース」の4人は『1』の頃から一緒に遊んでいたメンバーなんですか?
さっぷ:そうですね。普段から仲がいいメンバーが集まった感じです。
 
――もともと、どういうお知り合いだったんですか。リアルで知っている方々?
さっぷ:いや。みんなツイッターで知り合った人たちですね。
 
――甲子園は初出場でしたが、これまでオンラインの大会も出たことはない?
さっぷ:ないことはないですけど、結果を残したことはないですね。
 
――じゃあ、本当に今回の甲子園が、初めて名前が売れたと言ったらあれですけど。
さっぷ:そうですね。急にですね。
 
――さっぷ選手はナワバリだとエクスプロッシャーカスタムをメインで使用されていますけど、もともとガチマッチとかでもずっと使っていたんですか?
さっぷ:はい。『2』で出てからはずっと使っています。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  5:11:56より引用)

 
――もともとスロッシャーをメインで使っていた?
さっぷ:『2』は最初はスロッシャーとかブラスターとかチャージャーとかいろいろ使っていました。それでエクスプロッシャーが出たときに、面白そうなブキだったので使い始めたという感じです。
 
――あとばる選手は、さっぷ選手を九州大会DAY1で見て「かなりうまい」とおっしゃってましたよね。
さっぷ:本当ですか!?
 
あとばる:うまいっしょ、あれは。
 
さっぷ:ありがたいです。
 
――あとばる選手は、どういうところに「うまさ」を感じますか。
あとばる:なんというんでしょうね。「うまい」かつ「強い」というんですかね。エクスプロッシャーカスタムって直撃を当てるのが難しいブキなんですけど、甲子園の本番の場であれだけ当てられるというのは相当強いなと。
 たとえば、「メキシコジャパン」戦とかは、やっぱり「メキシコジャパン」側を応援する声が多かったと思うんですよ。
 


▲準決勝のえびチリソース対メキシコジャパン戦。メキシコジャパンはNPB大会の優勝メンバーが揃う強豪で、今大会でも優勝の最有力候補と見なされていた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  5:54:30より引用)

 
――人気のあるチームですもんね。
あとばる:その中で90ダメージをバチンバチンと当てて、連続で敵を倒し続けるというのは、プレーヤーとして強いんですよね。その行動ができる、とれる。そして、その行動をして、実際に結果を残すというプレーヤーはなかなかいないと思うので。あれができるのはうまいし、強い。
 
――とくに「メキシコジャパン」との海女美術大学は、終盤にさっぷ選手が連続キルをとったことが「えびチリソース」の勝利につながった部分はありましたよね。
あとばる:あの試合は絶対にそうですね。
 
さっぷ:あれは運が良かったんですよ。
 
あとばる:本人はそう言いますけど、あの場面で、あのキルをとれるのはやっぱり強いですよ(笑)。
 


▲メキシコジャパンとの3本目、海女美術大学での一戦は、終盤にさっぷ選手が相手を2連続で倒すビッグプレーを披露。わずか0.2パーセント差という大接戦を制し、見事に勝利をおさめた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1 5:59:46より引用)

 
――さっぷ選手は、あとばる選手のことを知っていたというお話でしたが、プレーヤーとしてはどういう印象を持っていますか?
さっぷ:『1』の頃から知っていたんですけど、優勝製造機みたいな。大会に出れば優勝するみたいなイメージがあって。もう化け物と思っていますね。
 
――なるほど。でも、大会とかもさっぷさん自身がほとんど出なかったのもあって、これまでそんなに絡む機会もなかった。
さっぷ:そうですね。でも、たぶん戦っても勝てないと思うので……。
 
――いやいや、甲子園は優勝したじゃないですか(笑)。
さっぷ:甲子園は本当にたまたまで。無名だったからこそ警戒されていなくて、それがプラスに働いたというか。
 
あとばる:そういう側面もあったとは思いますけど……。
 
――あまり警戒されていなかったことが、有利に働いたという風に考えているんですね。
さっぷ:そうですね。申し訳ないですけど、こっちは向こうを知っているので。その点で有利に試合できた部分はあると思います。
 
――すごく謙虚ですね。
さっぷ:いや、実際にそうなのでなんとも言えないですね、それは(笑)。
 
あとばる:いやいや(笑)。
 

最初の2分間で相手のクセをつかむ!

――さっぷ選手は、ナワバリでエクスプロッシャーを使う上で、チームの中でどういったことを意識してプレーしているんですか?
さっぷ:自分はけっこう自由にやっていますね。味方に合わせてもらっているという形でチームとしては動いています。個人としてやっていることは、ナワバリって3分ありますけど、結局、最後の1分とか30秒で勝負が決まるので、最初の2分間は相手のクセを見る感じでやっていますね。
 エクスプロッシャーって弾が出てすぐに敵のところに届かないので、相手の逃げた先を撃ったりとかしなきゃいけないんですよ。だから、最初の2分間は弾を撃ったあと、どっちに逃げるかといった相手のクセをつかむ感じでプレーしていますね。
 
――なるほど。そうやって相手プレーヤーのクセをつかむことで、最後の勝負所での精度を高めているんですね。
さっぷ:そうですね。
 
――ちなみに、「えびチリソース」というチーム名はなにか由来があるんですか?
さっぷ:チームメンバーに”えび”という選手がいるんです。それで、えびがいるし「えびチリソース」でいいかって感じで、本当に思いつきです(笑)。
 
あとばる:チーム名なんてそんなものですよね。意外に(笑)。
 
さっぷ:まさか優勝するとは思っていなかったんで、けっこうテキトーに付けました(笑)。
 
――じゃあ、チーム名へのこだわりとかもそこまでなかった?
さっぷ:そうですね。ただ、いまとなってはけっこう気に入っていますけど(笑)。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  6:28:54より引用)

 
――あとばる選手はナワバリの立ち上がりではどういうことを意識していますか。
あとばる:立ち上がりに関しては、初動で有利を取る意識でやっていますね。やっぱり、相手の方に塗りの強いブキが揃っていると、残りラスト30秒の場面で塗り合いになったときに、どうしても自分たちが競り負けることが多いんですね。
 なので、そこに至るまでにできるだけ塗り量を稼いで、切り崩していくようなイメージでやっていました。ですから、逆に言うと出鼻をくじかれちゃうと辛いんですよね、僕らのチーム。
 
――やっぱり先手必勝というか、最初に撃ち勝って有利局面を作って試合を組み立てていく。
あとばる:そこから、残り30秒が博打にならないようにするっていうんですかね。相手に博打をさせる、不安定な動きをさせるというのを僕らは目指してやっていて。
 
 北海道地区大会DAY2で僕らは決勝で負けて優勝できなかったんですけど、それは出鼻でくじかれちゃったというのが大きかったかなと。
 
――思った通りの展開に持っていけなかった?
あとばる:そうですね。チームとして持って行きたかった動きには持っていけていなかったですね。
 

【今回のまとめ】
・さっぷ選手は「強さ」と「うまさ」を兼ね備えたプレーヤー!
・エクスプロッシャーは相手の動きのクセをつかむことが大事!
・えびチリソースの優勝は、あまり警戒されていなかったことが有利に働いた?

 
次回も引き続き、あとばる選手×さっぷ選手の対談をお届け! 
 
「九州地区大会DAY1」を優勝した感想や勝因などをじっくりと聞いていくぞ。次回もお楽しみに!
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は2/25(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)