• TOP
  • スクープ > 『のび太の新恐竜』キャストインタビュー ドラえもん役/水田わさびさん 「5人のキャストは “強すぎず、 弱すぎず”でもなく、自然体の関係です」
  • TOP
  • スクープ > 『のび太の新恐竜』キャストインタビュー ドラえもん役/水田わさびさん 「5人のキャストは “強すぎず、 弱すぎず”でもなく、自然体の関係です」

『のび太の新恐竜』キャストインタビュー ドラえもん役/水田わさびさん 「5人のキャストは “強すぎず、 弱すぎず”でもなく、自然体の関係です」

『のび太の新恐竜』キャストインタビュー ドラえもん役/水田わさびさん 「5人のキャストは “強すぎず、 弱すぎず”でもなく、自然体の関係です」


 
8/7(金)に公開される『映画ドラえもん のび太の新恐竜』のメインキャスト5名にインタビュー! 今回は、ドラえもんを演じる水田わさびさんだ!!!! 15年前のキャスト交代時の記事が載ったコロコロを持参して、みなさんに現在までの変化や感想を聞いてきた! コロコロだけのオリジナル記事だぞ!! もちろん、映画の見どころも教えてくれたので、1文字も逃さずに読んでほしい!!!!
 

のび太くんと同じ気持ちになれる映画

——『映画ドラえもん のび太の新恐竜』は、水田さんをはじめとする新キャストの方々にとって15周年の節目となる作品です! 新キャスト初の劇場版『ドラえもん のび太の恐竜2006』の頃と比べて、どのような変化がありましたか?
 
これ、(キャスト決定)当時の記事ですか? ちょっと、もう堪忍してくださいよ(笑)。私、決定当時より、今のほうがプレッシャーを感じるようになりました。15年前の私は、何もわかっていなかったんだと思います。
 

▲当時のコロコロを読む水田さん。ファッションから“ドラえもん愛”が伝わる!
 
当時、取材で必ずと言っていいほど聞かれたのが、「プレッシャーを感じますか?」という質問でした。それに対して、大丈夫ですと答えていたんですけど、今は大丈夫じゃないです! たとえば、外務省で大臣と一緒にどら焼きを食べるなんて、普通しませんよね?(笑) ドラちゃんがもたらしてくれたお仕事や人々との出会いを通じて、大変なお仕事をさせてもらっているんだなと感じるようになりました。
 
——大臣とどら焼き!?!? ドラえもんを演じる水田さん以外ではありえない経験ですね……! 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』というタイトルを聞いたとき、どのような印象を抱きましたか?
 
テレビで新しい恐竜の姿について特集されているのを見ていたので、「あっ!」と思いました。私はタイトルを知ったのとシナリオを読んだのが同時だったので、読み進めていくうちに「なるほど、これが“新恐竜”の意味か」と察して。
 
——ダブルミーニングかな、と感じられるつくりにもなっていますね。そんな本作の見どころを教えてください!
 
私が一番好きなシーンは、双子の恐竜のキューが何度も飛ぼうとするところ。ミューとは違って飛べないキューが、のび太くんと一緒に飛ぶ練習をする映像がフラッシュバックして、リンクしていくじゃないですか。本当にキューが愛おしくて、愛おしくて。まさにのび太くんが同じような気持ちなんでしょうけど。とても印象に残った場面です。
 

▲ピンクの恐竜がミュー、緑の恐竜がキューだ!
 

『ドラえもん』が叶えてくれた夢

——ドラえもんを演じてきた15年の間で、印象に残っている出来事を教えてください!
 
『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』で、BUMP OF CHICKEN(バンプ・オブ・チキン)さんが主題歌『友達の唄』を歌ってくださったことです。
 

▲リストバンドに「B.O.C」の文字!
 
私ね、BUMP OF CHICKENさんが大好きなんですよ。『ドラえもん』に出演することが決まったときから、「BUMP OF CHICKENさんと『ドラえもん』って、ぴったりだよなぁ」と毎年、毎年、密かに考えていたんです。
 
だから、鉄人兵団の予告を録るときに音楽が流れて、私、すぐに気が付きました。でも、スタッフの方たちに「今のバンプですよね!?」って聞いても「わからない」「知らない」って。モヤモヤしたまま、夜、家に帰って、どうしても我慢できずに監督に「今度の主題歌、バンプさんですよね?」と聞いたら、「水田さんがそう思うならそうだと思いますけど、まだ内緒なので」って。
 
——水田さんにも内緒なんですか!?
 
そうなんです! 私、その日の夜はドキドキして眠れませんでした。夢は叶うんだなって思った瞬間です。この話ね、いろいろなメディアさんにお話しさせてもらっているんですけど、それくらい忘れられない出来事です。
 
——水田さんたちにとって初の劇場版となった『ドラえもん のび太の恐竜2006』での思い出は、何かありますか?
 
ピー助を演じた神木隆之介くんが、スタジオでお菓子の「コロン」を食べてたなあとか(笑)。同じくゲスト声優の船越英一郎さんが、「声優としては新人なので、よろしくお願いします!」と頭をお下げになって。今のキャストになって15年と聞いて、そんなことを思い出しました。
 

キャスト陣&コロコロ読者へメッセージ!

 
——15年間、一緒に歩んできたキャスト陣のみなさんに、今だからこそ伝えたいことはありますか?
 
みんな、お互いのプライベートに干渉しないんですよ。 “強過ぎず・弱過ぎずの関係”が保てているというか。『ドラえもん』はゲスト声優さんを迎えることも多いので、がっつりスクラムを組んでしまうと、入ってくる側が大変ですしね。その絶妙な空気感を、(主要キャストの)4人がつくってくださってるんじゃないかな。自然体で付き合える5人です。
 
——最後に、コロコロコミックの読者にメッセージをお願いします!!
 
コロコロコミックといえば、毎号必ずドラちゃんが載っていますよね。それって、時代ごとに人気のある作品は違っても、藤子・F・不二雄先生の魂が雑誌のなかで生き続けているということじゃないですか。今、コロコロを読んでいるみなさんにも、藤子・F・不二雄先生の思いを感じ取ってほしいなと思います。
 


 

コロコロオンラインでは水田さんのインタビューに始まり、今日から主要キャスト5名のインタビューを毎日更新していくぞ! 楽しみにしていてくれ!!
 

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』
特集記事は下記の画像をクリック!!

 

作品概要
『映画ドラえもん のび太の新恐竜』
■公開日:2020年8月7日(金)
■公式サイト:
https://doraeiga.com/2020/

(C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2020

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)