TOP ニュース 『PCエンジン mini』発売カウントダウン! ~待ちきれないのでPCエンジン(実機)でオススメゲームを紹介!〜第2回『スーパーすんげーシューティング スターパロジャー』
ニュース

『PCエンジン mini』発売カウントダウン! ~待ちきれないのでPCエンジン(実機)でオススメゲームを紹介!〜第2回『スーパーすんげーシューティング スターパロジャー』

TwitterFacebookLine

随所にあるパロディ演出!

『スターパロジャー』の魅力はやはりバラエティ豊かなパロディ。オープニングもそうだが、ステージを進めていくほどに楽しめる数々のネタが、そこかしこに仕込まれているぞ!
 
『月刊PCエンジン』の当時の記事では全ステージが紹介されていた。

▲1992年 月刊PCエンジン 4月号
▲1992年 月刊PCエンジン 5月号
▲1992年 月刊PCエンジン 6月号
▲1992年 月刊PCエンジン 7月号

ステージをよぉく見ると、どこかで見たことあるものが……。
 

▲海の底に、どこかで見たことある幻の発掘戦艦らしきシルエットが!?

▲あの掛け声とともに赤いヘビが出てきたり。

などなど、当時の年代の人にはわかるだろうネタも仕込まれている。1992年というと30年近く前……。知らない人もいるかも……。
 
他にも、『スターソルジャー』、『ボンバーマン』ネタ目白押しのステージもあるぞ。
 


 
どこかで見たことある敵キャラクターがお出迎えするSCENE-6。
 
『PCエンジン mini』に収録されている『スーパースターソルジャー』をプレイしてからこのステージに来ると、「アイツだ!」と膝を叩くことだろう。逆に、『スターパロジャー』から『スーパースターソルジャー』をプレイしても面白いかも。
 

 
曲も「ボンバーマン」のステージ曲にそっくり! 画面も「ボンバーマン」を意識した構成となっている。これはもうゲーマーには嬉しいパロディだ!
 
さらに、ステージのボスにはあのキャラクターが友情出演!
 

黒ボンだ!!

ボス戦の演出も凝っており、「ボンバーマン」のように十字移動しかできず、黒ボンのボムを避けながら攻撃しなければならない!
 
シューティングなのに「ボンバーマン」をプレイしているかのようなハラハラドキドキな黒ボンとの対決は白熱すること間違いなしだ。
 

▲ステージクリア後のアイキャッチもパロディ。

 

バトルステージで熱くなれ!

全ステージを攻略していくノーマルモードとは別に、制限時間内にハイスコアを目指すモード、バトルステージがある。かつて行われていた、キャラバンシューティング大会のルールとしても有名だろう。
 

 
制限時間は2分と5分。いかにスコアを稼ぐかを極めるもよし、向かってくる敵をバンバン撃墜する爽快感を味わうもよし、ノーマルモードとは一味違う楽しさがあるぞ。またステージのBGMもオプションの設定でシューターなら耳にしたことがあるだろうアレンジ曲が聞けるぞ。
 

 
『月刊PCエンジン』でもこのバトルステージを熱く解説! ボーナスポイントを押さえて、ハイスコアを目指せ!

▲1992年『月刊PCエンジン 5月号』

数々の隠しボーナス!

『スターパロジャー』には数々の隠し要素がある! 『月刊PCエンジン』の人気コーナー「激烈技 SPECIAL」で数多く取り上げられた。

▲1992年 月刊PCエンジン 8月号

例えば、最高難易度「超〜すんげえぜ」はオプション画面から出せるのをご存知だろうか?

▲通常ではゲームレベルは「すげえぜ」までしか出ない。しかし、サウンドテストの「00」を「0A」に変更し、ゲームレベルを変更すると……
▲最高難易度「超〜すげえぜ」が出現!

「超〜すげえぜ」で出てくる敵の耐久力が上がっているのはもちろん、パワーアップパネルやオプションパネルがゲットしにくくなっているなど、シューティングを極めるシューター向け難易度となっている。
 
そして、難易度ごとにエンディングも変化! どんなエンディングなっているのかは、プレイして確かめてほしい!
 

▲難易度「並!」でクリアすると、ボンバーマンたちや初代シーザー、PCエンジン シャトルらしき機体が集結。

他にもボス戦である条件を満たすとボーナスがもらえたり、ボーナスステージにいけるぞ。
 

▲ステージ3のボス、「マンボのマンボ」では通常横を向いている間はマラカスを振って弾をばら撒くが……。

▲ダメージ判定がある正面を向いた時にボムを当てる。これを3回繰り返すと、攻撃だった弾がスコアアップの玉に変化!

他にもステージ8のボスをある条件を満すことで出現する「BONUS STAGE」のアイテムをがゲットした状態で、ステージをクリアする。すると、「えっちねぇ」なボーナスステージに進むことができる。そのステージではパワーアップパネルに、オプションパネル、スコアアップ玉が飛んでくる。気になるゲーム画面は自分の目で確かめよう。
 
愉快痛快なパロディ満載の『スターパロジャー』を『PCエンジン mini』でぜひプレイしてみてくれ!
 

商品概要:
PCエンジン mini

メーカー:KONAMI
発売日:2020年3月19日
収録タイトル数:58タイトル
※「PCエンジン」ラインナップのタイトル(日本語)と「TurboGrafx-16」ラインナップのタイトル(英語)は、一部重複して収録しているタイトルを含みます。
プレー人数:1~5人
メーカー希望小売価格:10,500円(税抜)
CEROレーティング:D(17才以上対象)
同梱物:
・『PCエンジン mini』本体×1
・パッド×1
・HDMI®ケーブル×1
・MicroUSBケーブル×1
・取扱説明書×1
購入はこちら:
https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&language=ja_JP&node=6974564051

 

ライター:8号機
中古ショップ店員からジョブチェンジしてライターになった人。『新作ソフトが入らないなら、レトロソフトを強化すればいいじゃない?』と店員時代に、ファミコンディスクシステムのベルト交換やらなんやかんやしていた。『スターパロジャー』はオープニングを見て一目惚れ。ロボットアニメ好きならわかるネタが多いから。

 
※ゲーム画面はPCエンジン SUPER CD-ROM専用ソフト『スーパーすんげーシューティング スターパロジャー』のものです。
※『月刊PCエンジン』の画像に掲載されている宛先は当時のものです。現在、募集はしておりません。
©Konami Digital Entertainment

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine