• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.20-4 ~レインボーでフシギバース!友情カラフルアンダケイン!!~
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.20-4 ~レインボーでフシギバース!友情カラフルアンダケイン!!~
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.20-4 ~レインボーでフシギバース!友情カラフルアンダケイン!!~

By まつがん

▲十王篇第1弾「切札×鬼札 キングウォーズ!!!」収録、「不敵怪人アンダケイン」

3月28日(土) に発売予定の「切札×鬼札 キングウォーズ!!!」に収録される新カード、《不敵怪人アンダケイン》。このカードを使ってどのようなデッキを作るべきか。
 
これについてまず考えるべきは、「コスト4以下のどんなクリーチャーを墓地から出すのが最も強力か?」ということだ。
 
《不敵怪人アンダケイン》を墓地からフシギバースで召喚したとしても、冷静に考えてみると起きる現象としてはマナ加速しつつ《不敵怪人アンダケイン》とコスト4以下のクリーチャーが出るだけなので、それだけではゲームの勝利には直結しない。
 
したがって、「《不敵怪人アンダケイン》のフシギバース→???→ゲームの勝利」という間を埋めるための「???」が必要になってくる。
 
では、どのような性質を持つカードが求められているだろうか?
 
これについては理想を言えば、「フシギバースを連鎖させてそのままフィニッシュまでもっていける能力」を持っていることが望ましい。
 
とはいえ、コスト4以下のクリーチャーでできることは限られているので、現実的には「フシギバースと噛み合う能力」くらいが精々だろう。
 
さて、フシギバースと噛み合うコスト4以下のクリーチャーといえば何だろうか?

▲「ゴールデン・ベスト」収録、「カラフル・ナスオ」

そう、《カラフル・ナスオ》だ。
 
このカードはまず山札からマナに4枚のカードを落とした後で、マナすべてから4枚を好きに墓地に送れるので、次なるフシギバース持ちを山札から探しつつ、序盤にマナ置きしたフシギバース持ちを墓地に送ることで、次なるフシギバースへの布石とすることができる。
 
惜しむらくはマナに置かれる4枚がタップ状態で置かれることだ。もしこのマナがアンタップ状態で置かれるなら完璧だった。8マナ引く4マナで《不敵怪人アンダケイン》のフシギバースへとダイレクトにつながるので、フシギバースの連鎖を行うことすら可能となるからだ。
 
……ん?本来タップ状態のマナがアンタップで置かれるギミックに、最近何か心当たりがあったような……?

▲「謎のブラック・ボックス・パック」収録、「友情の誓い」

この符合。
 
そう、《友情の誓い》で《暴力類 アバレマックス》したりクソデッキを作りまくったりしていたのは無駄ではなかった。
 
《友情の誓い》がある状態で《カラフル・ナスオ》を出すと、めくれた4枚のうち多色カードはアンタップするので、すぐさま次の行動につなげられるのである。
 
さらにもしここで《不敵怪人アンダケイン》と《カラフル・ナスオ》が墓地に落ちていれば、《不敵怪人アンダケイン》をフシギバースして墓地から《カラフル・ナスオ》を出し、次なる《不敵怪人アンダケイン》を探しながらフシギバースでマナに送った《カラフル・ナスオ》を再び墓地に送り込めるというインチキムーブすらも可能になる。
 
こうしてフシギバースを連鎖させることでマナを伸ばしつつ墓地も大量に肥やせるので、あとは《不敵怪人アンダケイン》のフシギバースだけで成立するような、コスト4以下のクリーチャーのみによる勝ち手段を探し出せばいい。
 
しかしそう都合よくコスト4以下のクリーチャーだけで勝てるはずが……?

▲デュエマ
「ゴールデン・ベスト」
収録、
「百発人形マグナム」
▲超天篇第2弾
「青きC.A.P.と漆黒の大卍罪」収録、
「FASORASI・ドッカン/
♪ドはドッカンのド」

あった。
 
《百発人形マグナム》がいる状態で 《不敵怪人アンダケイン》をフシギバースして《FASORASI・ドッカン》を墓地から出すと、《FASORASI・ドッカン》の踏み倒し時に《百発人形マグナム》の能力が発動し、《不敵怪人アンダケイン》を破壊できるので《FASORASI・ドッカン》のGR召喚が発動する。
 
そうするとGR召喚のたびに《百発人形マグナム》で自分のクリーチャーを破壊できるので、《続召の意志 マーチス》《ロッキーロック》《マリゴルドⅢ》《ヨミジ 丁-二式》《ボボボ三坊主》を駆使して連鎖させ、GRをすべて出そう。
 
《百発人形マグナム》のストックを一度破棄してフシギバースしたりクリーチャーを召喚する必要がある場合などは、《白皇世の意志 御嶺》がサンドバッグとして無限に破壊を引き受けてくれる。
 
GRクリーチャーをすべて出し終えたら、もうゴールは目前だ。

▲超天篇第4弾
「超超超天!
覚醒ジョギラゴン vs. 零龍卍誕」収録、
ヨミジ 丁-二式」
▲エピソード1
「ライジング・ホープ」
収録、
「腐敗麗姫ベラ」

結局それかよ!
 
じゃあ《MEGATOON・ドッカンデイヤー》でいいじゃねーかという容赦のないツッコミが飛んできそうではあるが、現時点では残念ながらその通りである。
 
だが、いつの日かコスト4以下のクリーチャーのみで超GRを使わないループが登場すれば、差別化できるかもしれない。ひとまず、その日を心待ちにするとしよう。

▲十王篇第1弾「切札×鬼札 キングウォーズ!!!」収録、「U・S・A・BRELLA」

ところで、最近発表されたカードで何かコンセプトが根底から瓦解したような気もするが、私は何も見ていない。
 
というわけで、できあがったのがこちらの「友情カラフルアンダケイン」だ!
 
『友情カラフルアンダケイン』

枚数
カード名
4
《カラフル・ナスオ》
4
《不敵怪人アンダケイン》
4 《虹色妖精ポミリン/レイニー・アトラス》
4
《悪魔妖精ベラドンナ》
4 《ダーク・ライフ》
4 《ブラッディ・タイフーン》
4 《天災 デドダム》
1 《陰陽の舞》
1 《ルシファー》
2 《腐敗麗姫ベラ》
2 《FASORASI・ドッカン》
2 《百発人形マグナム》
4 《友情の誓い》
超GRゾーン
2 《ヨミジ 丁-二式》
2 《マリゴルドⅢ》
2 《続召の意志 マーチス》
2 《ボボボ三坊主》
2 《ロッキーロック》
2 《白皇世の意志 御嶺》

 

このデッキが実際にどんな動きをするのか気になる方は、以下の動画で確かめてみて欲しい。
 

 
さて、いかがだっただろうか。
 
《不敵怪人アンダケイン》が収録されている「切札×鬼札 キングウォーズ!!!」は、3月28日(土) に発売予定だ。
 

 
また、コロコロコミック4月号ではデュエル・マスターズの原作コミックが読めるほか、デュエマに関する激アツな最新情報も色々と掲載されているので、ぜひとも手に取ってみていただきたい。
 
ではまた次回!

ライター:まつがん
フリーライター。クソデッキビルダー。
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録 vol.19バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.19-1 ~生まれ変われ!実質メメント守神宮!!~
デュエマ妄想構築録vol.20バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.20-1 ~レインボーを生かせ!友情アバレ轟破天!!~
デュエマ妄想構築録 vol.20-2 ~レインボー祭り!友情デッキを作りまくろう!!~

 

次回更新は3/20(金)更新!!

 

デュエル・マスターズの記事 デュエル・マスターズの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)