• TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~3~
  • TOP
  • 爆連載 > 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~3~
スプラトゥーン

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×さっぷが語る甲子園九州大会DAY1~3~

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×さっぷ 第3回】

あとばる×さっぷ対談の第3回目!
 
今回は甲子園史に残る一戦となった「九州地区大会DAY1」でのメキシコジャパン戦を振り返り! 優勝候補の大本命を打ち破った勝因はどこにあったのかをふたりに語ってもらったぞ。
 
「第5回スプラトゥーン甲子園」九州地区大会 DAY1
https://www.youtube.com/watch?v=ZHweSQ252GM
 
さっぷ選手が所属するえびチリソースが優勝した「第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1」は上の動画で見ることができるぞ。
 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チームLibalent Calamari(リバレントカラマリ)所属。
さっぷ
「第5回スプラトゥーン甲子園2020  九州地区大会DAY1」を優勝した「えびチリソース」のメンバー。これまで大きな大会での実績はなかったものの、初出場となった「九州地区大会DAY1」でいきなり優勝を果たす快挙を達成。エクスプロッシャーの名手で、とくに準決勝「メキシコジャパン」戦の終盤で見せた連続キルはチームを勝利に導く決定的な一打となった。ここ一番での勝負強さを持ち、全国決勝大会でも大注目なプレーヤーのひとりだ。

 

勝てると思っていなかったメキシコジャパン戦

――大会当日のチームの雰囲気はどうでした? オフライン大会に出場したのは初めてだと思うんですけど、緊張しました?
さっぷ:緊張はえぐかったですね。とくに初戦が1番緊張しました。
 
――1回戦は試合としてはどうだったんですか。いい感じで勝てた?
さっぷ:けっこう危なかったですね。みんな緊張してけっこう浮足立ってたので。でも自分は相手とかみ合ったので、それでギリギリ勝てたという感じだったかなと。
 
――緊張がほぐれてきたのは何回戦ぐらいから?
さっぷ:自分は2回戦から、けっこう大丈夫でしたね。ただ、チームメンバーはわりとずっとやばかったらしいですけど(笑)。
 
――上に行けば行くほど緊張も増してきたり?
さっぷ:自分も決勝ステージ(ベスト16以降)からはさすがに緊張しました。そこからステージ上で、お客さんの全員に見られながら試合することになるので。
 自分はコントローラの設定を高感度にしているので、手が震えているのが画面上でわかるんですよ。それがちょっと恥ずかしくて(笑)。
 


▲(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  4:27:33より引用)

 
――大会の一番のハイライトは、これまでも話に出た準決勝のメキシコジャパン戦だったと思うんですけど、相手が優勝候補ということで試合前はどんな気持ちで臨みました?
さっぷ:ここまで楽しかったな、みたいな(笑)。
 
あとばる:終わりの流れじゃないですか(笑)。
 
さっぷ:さすがにメキシコジャパンと聞いて誰も勝てるとは思わないので。
 
――でも試合前のインタビューでは、リーダーの方は「大番狂わせを見せられるよう頑張る」とおっしゃってましたよね。
さっぷ:あれは実は、試合前にリーダーに「なんて言おう」って言われて、自分が「こんなこと言ったら?」って言ったことをそのままコメントしたんですよ(笑)。
 
――あはは。さすがに「勝てないです」とは言えないですもんね(笑)。
さっぷ:そうですね。あのときは「大番狂わせをするぞ」と言っていましたけど、実際は怯えていましたね。どう料理されるんだろう、みたいな。
 
――最後、ワンチャン通して勝てれば……くらいの気持ちはあった?
さっぷ:いや、それすらも思っていなかったですね。
 
――大会への出場が決まった時点でメキシコジャパンがいることはわかってたと思うんですけど、なにか事前に対策は考えたりしていたんですか?
さっぷ:していません。本当に自分たちがここまで勝ち上がるとは思っていなかったので、対策はなかったです。
 

1本取ったことで勢いが生まれる

――そのメキシコジャパン戦は、1本目がバッテラストリートで60%ちょい取られて負けて、2本目がザトウマーケットでしたけど、ザトウマーケットというステージはチーム的にはどうだったんですか。得意なステージだった?
さっぷ:得意ステージではありますね。スロッシャー系統が2枚いるんで、それも含めて運が良かったですね。
 
――ちなみに1本目はわりとメキシコジャパンに圧倒される感じで負けてしまったと思うんですけど、その後はどういうことを思いました?
さっぷ:想定通りだなという感じで(笑)。
 
――自分たちもいけるかもという手応えはまったくなかったですか?
さっぷ:1戦目はさすがに思わなかったですね。あれだけフルボッコだったので。
 


▲1本目はメキシコジャパンが圧勝。このまま順当にメキシコジャパンが決勝に進むかと思われたが、ここから大きなドラマが待っていた。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  5:49:42より引用)

 
――じゃあ、2本目のザトウマーケットも得意ステージだからワンチャンいけるかもみたいなのはあまり?
さっぷ:なかったですね。ザトウマーケットで勝てて1-1になって、「あれ?」ってなっていたんですけど。「もしかして」と思って。
 
――2本目は序盤からメキシコジャパンがかなり押し込んでいて、残り30秒くらいから一気に巻き返して勝ったという展開でした。途中の押し込まれていた場面ではどんなことを考えながらプレーされていました?
さっぷ:押し込まれているときは、1本目と同じ流れかなみたいな。またフルボッコにされるのかなって考えながら、とにかくやられないようにスペシャルを溜めていましたね。
 
――それで残り30秒を切ってからみんなで合わせればワンチャンあるかも、と。
さっぷ:そんな感じです。ただ、ここに勝てて1-1になったので、ナワバリはワンチャンあるゲームじゃないですか。格上にも勝てるルールだと思うんで。さすがに期待しましたね。
 
あとばる:ここまでくりゃあね。
 
――3本目は海女美術大学でしたけど、このステージはどうだったんですか?
さっぷ:海女美術大学を引いた瞬間は負けたと思いました。自分は得意なんですけど、どうしてもチャージャーに勝てないんですよ。後衛がエクスプロッシャーだと、チャージャーに触れないので。
 
――その3本目は、終盤に中央の高台からさっぷ選手が相手のチャージャーを落として、その後に下にいた敵も倒して連続キルを取ったのが勝因になりました。あれは下にいる敵の存在はもともと気づいていたんですか?
さっぷ:敵がいるのは知っていました。ナワバリはやっぱり後衛から倒すと相手を崩しやすいので、あそこは狙って倒しにいきました。
 


▲残り20秒を切ったところで、さっぷ選手の2連続キルが炸裂! これにより、えびチリソースは一気に局面をひっくり返した。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1 5:59:46より引用)

 
――あとばる選手はこのメキシコジャパン戦を振り返って、あらためてえびチリソースの勝因はどこにあったと考えていますか。
あとばる:ザトウマーケットの勝ち方ですかね。1本目がバッテラストリートでかなり差をつけられて負けて、2本目もメキシコジャパンが中盤まで圧倒している形で「このままメキシコジャパンが2本とるのか」と見ていたんですけど、そこからえびチリソースが一気に相手を落として逆転したじゃないですか。あの負け方って精神的にくるんですよ。
 
――メキシコジャパン側からすると、いやな負け方だった。
あとばる:そうです。序盤、中盤、ずっと押して、最後の最後にキルでまくられるってのが一番、本番の負け方としてくる。いままで練習で積み上げてきたナワバリの勝ち方云々ではなく、ごり押しで負けているわけですから。本当にメキシコジャパンがそう思っていたかどうかはわからないですけど、僕からすると「いや、これはきついな」と思ったんですよ。
 そうした中で、3本目もメキシコジャパンはいつも通りに序盤を押して有利に試合を進めていたんですけど、ここから負け筋があるとしたら、ボムピッチャーを持っているチャージャーのミルクレープくんが落とされるしかないなと思ったんですよね。
 でも、ここまで押したらミルクレープくんはもうずっと安定行動をとって、ボムピッチャーを吐けば、まあ負けはしないだろうと思っていて。そうしたらミルクレープくんがスパッと落ちたんですよね。それもミルクレープくんのミスとかじゃなくて、さっぷさんがうまかったんですよ、本当に。そこに立っていて当ててくるのか、という。
 
――直撃で行きましたもんね。
あとばる:そうなんですよ。さらに、さっぷさんが連続でもう1枚落としたことで、えびチリソースの勝ち筋が一気に見えてきた形でしたね。メキシコジャパンも最後の最後にテルミくんが復帰して2枚くらい落とした場面はさすがという感じでしたし、なんかもう勝因というか「みんな頑張ったな」という試合ですよね。
 お互いミスがあったわけでもなく、結果として競り勝ったのがえびチリソース側だったので。僕としては、これはもう運とかじゃなくて実力勝負だなと思っていて、さっぷさんはずっと「運だった」といってますけど、見ている側からすると「えびチリソース強いな」と思いましたよ。
 
さっぷ:本当ですか?
 
あとばる:うん。もちろん流れってのがあったと思うんですけど、それにしてもあそこから勝ちに持っていくってのは実力がないと無理ですよね。
 
さっぷ:ありがたいですね。あとばるさんにそんなに言ってもらえるなんて本当に。
 
あとばる:いやいやいや。
 


▲わずか0.2%差という大接戦を制してえびチリソースが勝利。ひと塗りの差が明暗を分けた形となった。
(第5回 スプラトゥーン甲子園 九州地区大会 DAY1  6:00:16より引用)

 
――さっぷさん自身は運以外に「こういう要因があったからメキシコジャパンに勝てたんじゃないかな」って思うところはあったりします?
さっぷ:運もですけど、勢いもありますかね。まさかメキシコジャパン相手に1本取れるとは思わなかったので。1本取れた勢いでそのまま押し切ったというか。
 
――1本取れたことで「まったく通用しないわけじゃないぞ」という。
さっぷ:そうですね。勢いがあったわりには序盤、めちゃ押されていましたけど(笑)。
 
――でも2本目もそれで耐えて、耐えてという。
さっぷ:ザトウマーケットと同じ勝ち方でしたね。
 
――メキシコジャパン側は、テルミ選手の最後の怒涛の攻めもすごかったですよね。
あとばる:彼も最後までちゃんと仕事をするプレーヤーなので。結果0.2%差でしたけど、これってお互いにひとつ策を間違っていたら負けていたレベルの差なんですよ。それこそさっぷさんのメインの塗りだったりとか、L3リールガンのワントリガーの3発出る分の一滴とか、0.2%差ってそのレベルなので。
 
さっぷ:そういう意味で言えば、最後に自分が2枚落としたじゃないですか。チャージャーと下にいる敵を。そのあと、まっすぅ選手と自分は近いところにいたんですけど、なんのコンタクトも取らずに別々の場所を塗ったんですよ。
 
――そこで、たまたま2人が同じ場所をやっていたら負けていた?
さっぷ:負けていましたね。まっすぅ選手が左に行って、自分が敵陣を荒らしに行ったので。結果を見ると、これが勝因だったかもしれないですね。
 

【今回のまとめ】
・メキシコジャパン相手に勝てるとはまったく思っていなかった!
・2本目は後衛のチャージャーを落としたことで一気に流れを引き寄せた!
・最後の最後は味方と別の場所を塗ったことが勝利につながった!

 
次回も引き続き、あとばる選手×さっぷ選手の対談をお届け! 
 
全国決勝大会へ向けての意気込みなどを語ってもらうぞ。
 

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は3/10(火)更新!!

スプラトゥーンの記事 スプラトゥーンの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)