• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第2回 ナゼ、かぶるのか
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第2回 ナゼ、かぶるのか

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第2回 ナゼ、かぶるのか

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第2回 ナゼ、かぶるのか

ランダムな要素が楽しいのに!w

昨日から始まったNintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』のプレイ日記“角満島開拓日誌”だが……まだしばらく、ゲーム本編のことは書けそうにない。ナゼなら……そこに到達するまでにも、記しておきたいことがたくさんあるから!!
 
ゲームが始まると、今回の舞台である無人島生活をサポートしてくれる“たぬき開発”による、“無人島移住パッケージ”の手続きカウンターに案内される。
 

 
ここで、プレイヤーの名前や容姿を決めるってわけだ。
 
さて、まずは名前だ。ここで素直に、
 
「“おおつかひでゆき”れす」
 
と言えればいいんだけど(本名じゃねえか)、今後、ネットワークを通じて不特定多数の人とも遊ぶ可能性を考えると、やはり二つ名(?)である“大塚角満”のほうがいいのだろう。
 
そこで、
 

 
名前は“かどまん”にした。おもしろくもなんともないけど。
 
さあおつぎは、
 

 
お写真を……と言われたので一瞬、
 
「え! Nintendo Switchで写真撮るの!? そんなことできるのかよ!! やべえ、髪を盛らないと!!!」
 
そう勘違いして毛が抜けるほど焦ったのだが、
 

 
ふつうのキャラメイクだった(苦笑)。当たり前か。
 
そしてここで、顔のパーツはそれほど多くないので、わりと短時間でオノレのアバターを作成した。それが↓こちら。
 

 
おおおおおお!!ww 
 
20代前半の、若くてピチピチしていたころの俺そっくり!!!www
 
非常に満足のいく分身ができたので、迷わずオッケー!
 

 
キラキラの星目を輝かせた、夢と希望に満ちた無人島開拓者が完成したのでありました。
 

双子島の恐怖

さてここで、別の島の様子も見てみたい。
 
ウチの編集部では俺といっしょに、同僚のたっちーも無人島生活をスタートさせている。
 
彼女はかなりガチのぶつ森オタクで、2012年に発売されたニンテンドー3DS版の『とびだせ どうぶつの森』を数年にわたってプレイし続け、にわかプレイヤーでは到底到達できない、花と石畳で彩られた見事な庭園を作り上げていた。
 
そんなたっちーも、「『どうぶつの森』は、キャラメイクから始まってんねん……」とブツブツ言いつつ、自分のアバターを作っていたのだが……。
 
「できた!!! わしにソックリ!!!」
 
そうわめくので、見せてもらったところ……!!
 

かどま~~~ん……www

「ぶーーーーー!!!w」

 
俺は飲んでいたアイスコーヒーを、毒霧のように吹き出した。「これ、わしのアバターとソックリそのままやんけ!!w」

▲かどまん君
▲たっちーさん

「なんやそいつは!!! わしのマネすんなや!!! 変えろ変えろ!!! いますぐ整形しろ!!!(怒)」
 
怒れるたっちーだが……最初に完成させたの、俺なんだけど(汗)。
 
しかし……カブりは姿形だけではなかった。
 
『あつまれ どうぶつの森』では、無人島のレイアウトを4つの中から選べるので、
 
「そういえばキミ、島の形はどれにしたの?」
 
と、たっちーに尋ねたところ、
 
「んー、とくに何も考えず、連打してたら決まったで」
 
というので見せてもらったら……。
 

▲たっちー島

▲角満島

「……って、島の形までいっしょやん!!!」と俺。
 
「はぁ!!? 何またマネしてんねん!!! いますぐ変えろや!!」
 
しかし……カブりは姿形とレイアウトだ(以下略)。
 
『どうぶつの森』シリーズは伝統的に、島(村)に生えているフルーツの木がランダムで設定されるのだが、今回、角満島(仮名)に生えていたのは、
 

 
オレンジだった。おいしそうだし、日本人がいちばん好きな色はオレンジだしで、大満足の割り振りとなったわ^^
 
そこで、たっちーに「キサマの島に生えてるフルーツ、なんだった? 桃? さくらんぼ??」。すると……。
 

 
「オレンジやで^^ おいしそうだし、日本人がいちばん好きな色やし、大満足の結果だったわ^^ ……で、キミは??」
 
俺が震えながら、「お、オレンジ……れす……」と言うと……!
 
「はあああ!!? 何またマネしてんねん!!! なんでもかんでもいっしょやんけ!!! キサマ、いますぐ島を変えろや!!!(怒) どうなっちょんねん!!!!」
 
期せずして要素がカブりまくるふたつの島……。果たして……どうなるの!?
 
続く。
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

 

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

 
※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌バックナンバー

▲第1回
いよいよ開始! 無人島生活

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)