TOP 特集&連載 【お年玉で遊びたい! インディーゲーム10選!!】数々の島を冒険し、一人前になるまでの過程を描いたサバイバルゲーム『ソウルサーチング』
特集&連載

【お年玉で遊びたい! インディーゲーム10選!!】数々の島を冒険し、一人前になるまでの過程を描いたサバイバルゲーム『ソウルサーチング』

TwitterFacebookLine

あけましておめでとう! お正月といえばお年玉!! みんな、今年はいくら貰えたかな?

コロコロオンラインでは、そんなお年玉を使って遊べる、お手ごろ価格の面白いインディーゲーム10選(※1)をお届け!

年始はおうちでゲームをしよう!

本記事では、ライターのトニオ國崎がサバイバルゲーム『ソウルサーチング』を紹介するぞ!

※1……個人や小規模のチームで制作するゲームの総称

故郷を離れ、自分探しの旅に出る……

今回お送りするのは、QubicGames、Kayabros開発のNintendo Switch向けサバイバルゲーム『ソウルサーチング』

本作は、魂を救うもの「ソウルサーチャー」として数々の島々が登場するオープンワールドを冒険するアクションサバイバルゲームだ。

▲ゲームを開始すると謎の真っ白な世界からスタート。ここはいったい何なのだろうか……
▲「逃げられなかった?」いったい何のことだろうか?

会話が終わると、小さな島のシーンに移り変わる。

話を進めていくと、主人公は家族や住人たちの応援を受け、ソウルサーチャーとして小舟と寝袋ひとつで広大な海への冒険に旅立つことに……。さっきのは幻覚なのかそれとも……。

あらためてゲームシステムの紹介だが、本作は「空腹」、「のどの渇き」、「体力」のゲージが存在し、いずれかがゼロになるとゲームオーバーだ。これらのゲージは食べる、飲む、寝ることによって回復するので切らさないように気を付けながら移動しなければならない。

▲最初は食料も水もない。とりあえずどこか休める場所を探そう。

最初に到着する「墓場」の島では、主人公を心配したおじさんが地図や食料など道具一式を譲ってくれることに。

地図を手にいれたあとは自分の好きなプレイスタイルで進めてみよう。そのまま島を巡るのもよし! お金を集めて船や設備を強化するのもよし! 旅の中では、体力の消耗や悪天候、ほかにもドラゴンの襲来などさまざまな脅威と遭遇することになる。うまく乗り越えていろんな島を巡っていこう。

▲いちばん西の島だけ「???」と記されている。
▲船によって、釣り竿やエンジンなど設備も大きく変わってくる。
▲海を渡っているとドラゴンと遭遇することも。食料などを燃やされないように注意!

ほかにも、海面に落ちている「ソウル」を拾っていくと、魔法を習得できるぞ! ドラゴンを退けたり、風向きを変えたりなど冒険するうえで便利な能力が使えるので、移動中のついでに拾っていくのもアリだろう。

▲海面に虹色に光っているものが「ソウル」だ。船から降りて回収しよう。
▲ソウルをたくさん持った状態で小島を訪れると魔法を習得できる。
▲魔法は、海で拾ったソウルを消費して使うことができる。

また、島によっては、住人の思想や島の空気が全く違うことも……。穏やかに暮らしていたり、かつて「ソウルサーチャー」を目指していた人や、ドラゴンに怯える住人などさまざまなドラマを見ることができる。新たな島を訪れたときは、まず住人の話を聞いてみるのもいいだろう。

ほかにも、ランダム生成されたマップをプレイする協力モードもあるぞ! 多くの食料や水が必要になってくるのでうまく連携してクリアを目指そう。

▲おすそ分けプレイにも対応!

当時プレイ中の筆者は、ゲーム内での住人との交流や、道中にある自分自身への問答シーンなどを見ていて「人間、人生って何だろう?」、「生きるって何だろう?」と、ふと考えることもあった。ゲーム内のメッセージはかなり哲学的な要素が多く、難しく感じるかもしれないが、クリアした後は主人公と同じように「自分探しの旅」を終えた気分になるだろう。色々と考えたくなる作品だ。難易度も低く気軽にできるゲームなので、興味を持った読者は主人公と自分を重ねながらプレイしてほしい。

お年玉で遊びたい! インディーゲーム10選!!
関連記事は下記の画像をクリック!!

 

作品概要
『ソウルサーチング』

■ジャンル:アクション
■対応機種: Nintendo Switch
■価格:1000円(税込)
■開発:QubicGames、Kayabros
■販売ページはこちら

©2020 Nakana sp. z o.o. / QubicGames S.A. / Kayabros
Licensed to and published by Rainy Frog LLC.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine