TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第296回 かぶきちと1ごう、疑惑の関係(1)
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第296回 かぶきちと1ごう、疑惑の関係(1)

TwitterFacebookLine

ネコのお話

 俺が無類のネコ好きで、現在も2匹の愛猫といっしょに暮していることは世界のゲーム業界に知れ渡っている(ホントかよ)。

 そのニャンコとは、ノルウェージャンフォレストキャットのるーさん(ルナ。メス4歳)と、

 妹分、チンチラペルシャのステラさん(メス2歳)。

 この、愛らしい長毛種2匹に囲まれて、我が家はネコの毛害に悩まされる日々を送っているわけだが(苦笑)、

 「るーさんとステラがいるからこそ、俺は生きていけるのだ!!!><」

 と断言できるほどの溺愛っぷりなので、ネコ毛なんて気にせずに全部飲み込んでくれてるわ(ウソ)。

 そんな、るーさんとステラ的な立場のどうぶつが、我がルナステラ島にも存在する。性別こそ逆だけど、その……なんともいえないビミョーな関係性が、

 「この2匹、ウチのニャンコみたいだな^^;」

 と思わせてならないのである。

 その2匹のネコとは↓こちらであります。

 人気投票があれば、必ずTOP5には食い込む“1ごう”と、

 個性的なルックスがハマる人にはハマる“かぶきち”だ。

 現在、ルナステラ島にいるネコ系どうぶつは彼らだけ。

 ネコ好きとしては、全10匹の住人すべてをニャンコにしてもいいかな……とも思うんだけど、だからと言ってヒノコやメープル、ちゃちゃまるを手放せるかと言えば不可能なので、あふれ出る“ネコ欲”は1ごうとかぶきちにフォローしてもらっている。まあ、それで十分満足できているってことだな。

 そんな1ごうとかぶきちのあいだに不穏な空気が流れているらしい……という情報をキャッチしたので、前回の“ちゃちゃまる&アセロラ、密会疑惑”と同様、

 文春砲ならぬ角満砲を放ってきました!!

1ごう家にて……

 しかし、取材を始めた当初はかなり懐疑的だった。

 というのも、その日に1ごうの家を訪ねてみたらだな……!

 うお!!!www ネコの集会所になってる!!!www

 この風景、完全に↓コレだわw

 なーんだw 心配させやがって。1ごうとかぶきち、仲いいじゃーんww

 話を聞いてみると……。

 おおwww 1ごう、かぶきちの訪問を喜んでおるwww

 いっぽうのかぶきちも……。

 うんうんww いいじゃんいいじゃんww 仲いいじゃーん!w

 我が家のるーさんとステラはああ見えてしょっちゅうケンカをする微妙な関係なんだけど(マジです)、どうやら1ごうとかぶきちに関しては心配することは何もなかったんだなw なーんだ。誤報かよ。2匹とも、心から楽しそうじゃねえか。

 そこで俺は、1ごうとかぶきちそれぞれに手持ちのアイテムをプレゼントした。

 まず、かぶきちに“こたつ”

 1ごうには“サイクルジャージ”

 別に差をつけたわけではなく、たまたま持っていたモノの中から2匹の個性に合わせて渡したつもりだ。

 でも……!

 もしかしたらこのときの行動が、ふたりのあいだに亀裂を生じさせてしまったのかもしれない……と、いまになって思う。

 それから2日ほど経ったある日のこと--。

 島の中を散歩していると、前から1ごうがやってくるのが見えた。

 でも……じつに不穏な感じでフキダシを頭から出している!!

 ももも、もしやこれは……!!

 「引っ越しするぞ! とぅ!」

 とでも言ってくるのではなかろうか!!?

 「だだだ、ダメだダメだダメだ!!! 1ごうは永住確定だぞ!! 出ていくことは許されないのだ!!!><」

 なんかこう書くと……アルカトラズか隠岐の島流しかって感じがするが(苦笑)、永住確定どうぶつに関しては、一生ここで暮らしてもらうしかないのである! なので、出て行っちゃダメぇぇええ!!!><

 ドキドキしながら話を聞くと……。

 あwww なんだ、引っ越しの打診じゃないじゃんwww ふぅ、よかったぁ……www

 と一瞬思ったのだが、つぎに思い出したのが2日前の1ごう家の“ネコ集会”のときの出来事。もしかしたらあのときに……なんらかのいざこざが起きていたのかも!?

 はたして、1ごうとかぶきちの関係は、どんな決着を見せるのか……??

 第297回目に続く!!w

 

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine