TOP 特集&連載 【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ソニックセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】
特集&連載

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ソニックセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

TwitterFacebookLine

今まで登場した「歴代ミニ四駆」を世代ごとに取り上げていくミニ四駆連載企画! 本記事では、第2次ブーム編の「ソニックセイバー」を紹介する。

【コロコロオンライン連載企画】
ミニ四駆歴代マシンカタログ!

1982年に生まれ、現在も多くの人々に愛されているタミヤの大人気ホビー『ミニ四駆』

コロコロオンラインでは、ミニ四駆の魅力をたくさんの読者たちにもっと知ってもらうべく、連載企画を開始!

その名も「ミニ四駆歴代マシンカタログ」だ!

これまでに発売されたミニ四駆たちを「黎明期」、「第1次ブーム」、「第2次ブーム」、「ニュージェネレーション」と4つの世代ごとに取り上げていくぞ! マシンの写真はもちろん、過去のコロコロコミック記事も掲載!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

本記事では、第2次ブーム『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』編の「ソニックセイバー」をお届け!! それではいってみよう!

星馬烈の愛機・ソニックセイバー

「ソニックセイバー」は、コロコロコミックにて1994年から連載されたまんが『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』(こしたてつひろ先生)の主人公・星馬 豪の兄である星馬 烈の愛機。実際の商品は同年9月に発売された。

▲パッケージデザイン

「ソニックセイバー」は、豪の「マグナムセイバー」とは異なるコーナリング重視のセッティングされたマシン。マグナムと比べウイングの形状が違うのもポイントだ。

特徴的な赤×緑×白のカラーリングは、この後に登場するソニックシリーズに受け継がれていく。現在では、スーパーIIシャーシ仕様のリファインマシンが販売されているぞ。

スペック概要
■全長:137mm
■全幅:90mm
■全高:44mm
■シャーシ:スーパー1

マグナムとソニック同時公開!
当時のコロコロに振り返る!

発売前の1994年のコロコロコミック7月号では、「マグナムセイバー」、「ソニックセイバー」のデザインが公開。あらたなマシンである「フルカウルミニ四駆」の魅力を解説付きでお届け!

▲1994年(平成6年)コロコロコミック7月号より
▲1994年(平成6年)コロコロコミック7月号より

記事内では、内蔵型ローラーやスーパーミニ四駆との比較など、フルカウルミニ四駆の秘密に迫る内容をピックアップ!

ほかにも、スーパージャパンカップ‘94に登場するサーキット攻略など、この頃のコロコロは毎号ミニ四駆尽くし! 

マグナムとソニック、ふたつのマシンの登場により、ここからミニ四駆は「第2次ブーム」として新たな盛り上がりを魅せた。


 

以上、第2次ブーム『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』編のマシンをお届け!

次回は、ニュージェネレーション編から「6代目ソニック」と呼ばれるあのマシンが登場だ!

本連載は水曜日更新予定なのでお楽しみに!

■ミニ四駆歴代マシンカタログのバックナンバーはこちら!

商品概要
「フルカウルミニ四駆シリーズ ソニックセイバー Item No.19402」

 

■発売時期:1994年9月発売
■価格:700円(当時)
・「ソニックセイバー」1994年モデル(販売停止中)

 

▼他モデル:
・「ソニックセイバープレミアム」スーパーIIシャーシ
■タミヤ公式サイトはこちら

(C)TAMIYA,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

【ミニ四駆超速グランプリ1周年】『レッツ&ゴー!!』こしたてつひろ先生✕担当編集・サガミネーター✕『超速GP』吉田P ミニ四駆SP座談会!

【新企画! ミニ四駆歴代マシンカタログ】「マグナムセイバー」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第2次ブーム編】

【ミニ四駆歴代マシンカタログ】「ダッシュ2号・太陽(バーニング・サン)」を当時のコロコロ記事とともに紹介!! 【第1次ブーム編】