TOP 特集&連載 デュエマ妄想構築録 vol.37-3 ~何が起こる!?《機勇 スタバ-2》登場!~
特集&連載

デュエマ妄想構築録 vol.37-3 ~何が起こる!?《機勇 スタバ-2》登場!~

TwitterFacebookLine

By まつがん

 ~前回までのあらすじ~

 これは丁寧 丁寧 丁寧なデッドマンです。

 ~~~~~~~~~~~

 「ササゲール」は、ディスペクターをサポートする重要な能力だ。

 だが、ディスペクターを使う際に必ずしも「ササゲール」持ちと組み合わせる必要はなく、実際にも《天災 デドダム》や《フェアリー・ミラクル》といったマナ加速が用いられることが多い。

 その理由は、「ササゲール」を持つディスタスが対処されてしまった場合に生じるテンポロスにある。

 では、もし仮にそのテンポロスを補えるだけのリターンがあればどうなるだろうか?

 そのリターンがある「ササゲール」持ちのディスタスは、マナ加速に優先して採用されることになるのではないか。

 それでは紹介しよう。こちらが9月に発売予定の王来篇第3弾に収録される新カード、《機勇 スタバ-2》だ!

▲王来篇第3弾「禁断龍VS禁断竜」収録、《機勇 スタバ-2》

 え、何か隠れてるけど……???

 ……と疑問に思われたかもしれないが、今回は少し趣向を変えて、このカードが「ササゲール2」の他にどんなテキストを持っているか、読者の皆さんに予想してもらうことにした。

▲「スタートダッシュ・デッキ 火&自然編」収録、《機神勇者スタートダッシュ・バスター》

 スタバといっても《ドトシオール・タバローチェ》的な意味 (?) ではなく、モチーフとなっているカードは《機神勇者スタートダッシュ・バスター》。前主人公である切札 勝太の初代スタートデッキの切り札で、火+自然であることや種族はしっかり継承している。

 また、レアリティがアンコモンというところもポイントだ。

 はたしてこの《機勇 スタバ-2》はどのような能力を持っているのか……?ぜひ予想してみて欲しい。

 次回は正解を発表するとともに、効果が判明した《機勇 スタバ-2》を使って新しいデッキを作っていく予定だ。

 次回に続く!


ライター:まつがん              
 
フリーライター。クソデッキビルダー。
 
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
 
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

デュエマ妄想構築録vol.36バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.35-1 ~祭りだワッショイ!タイヨー・ファミリエ!!~
デュエマ妄想構築録vol.37バックナンバー
デュエマ妄想構築録 vol.37-1 ~超多角的アグロ!ダイバー・ダッシュ!!~
デュエマ妄想構築録 vol.37-2 ~世界を破壊せよ!ジュラン退化!!~

 

次回更新は8/6(金)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine