TOP 特集&連載 【ディアブロ II リザレクテッド プレイ日記30】アイゼンハートの戦士、ヘルに降り立つ
特集&連載

【ディアブロ II リザレクテッド プレイ日記30】アイゼンハートの戦士、ヘルに降り立つ

TwitterFacebookLine

ぼちぼちいきますか!

 その日も俺は、相も変わらずナイトメアのディアブロ相手にトレハンに精を出していた。

 せっせwww

 せっせっせwww

 ぶっしゃあああああ!!!www レアアイテム、たったのふたつ~~~~~!!!www

 前回の記事で詳しく書いたけど、

 俺はいま、マジックアイテムドロップ率+250%超えの武具を身に付けているので、トレハンの効率はかな~~~りいいと思う。

 しかし、だからと言って狙った武具(ティアマットの反駁とかな)がポンポン落ちるほど『ディアブロ II』は甘くなく、いつしか、

 「うーーーーん。ナイトメアのディアブロ戦ですら、頭打ち感が出てきたなぁ……!」

 なんて、その場にとどまることへの不満と不安を覚えるようになってしまうのである。

 このような閉塞感を感じたとき、『ディアブロ』シリーズにおけるポピュラーな気持ちの切り替え方のひとつに、

 “べつのクラスのキャラを作って、またイチから始める”

 というものがある。

 そう書くと、

 「え。同じことのくり返しとか、キツくね??」

 と思う方が出てくるかと思うが、『ディアブロ II』のクラスはまるで別ゲームのキャラかと感じるほど個性的に作られているので、最初から始めることはむしろ、

 「新鮮で楽しい!!!ww」

 と感じられるものなのである。

 しかし、俺は何度もシツコく書くけど、一度オンラインキャラのドルイドを捨ててオフラインでゲームをやり直しているので、さすがにまだ……別のクラスに打って出るのは早いかなぁ。

 「それよりも……!」

 俺は考えた。

 前回の記事でも書いたけど、俺がナイトメアを拠点にトレハンをしていた理由はたったひとつ、

 “ヘルで戦える戦士になるため”

 であった。

 トレハンを始めて、早数週間……。

 ティアマットの反駁こそ取り返せていないけど、かなりの業物は手に入れて、アイテムボックスに保管してある。となれば……!!

 「そうだ!!! もう、そういうタイミングだよな!!!

 俺は勇躍、タイトル画面に戻ると、難度の選択画面で↓ここにカーソルを合わせた。

 ヘル~~~~ん……w

 『ディアブロ II』における最終到達点、ヘル……!

 何度も跳ね返されて、いまだACT Iすらクリアーしていないんだけど(苦笑)、ついに……!! 本格的に、打って出ますかね!!!

 「うぉりゃぁぁぁああああ!!!!」

 俺は気合もろとも×ボタン(PS5の決定ボタンね。念のためw)を押し、見慣れた↓この拠点にやってきたのであった。

 ローグの野営地……閑散としてるなあオイ(苦笑)。しかも俺の傭兵、何もしてないのに天に召されているし……。

 さあ、問題はここからだ。

 生半可な装備では、おそらくザコのフォールンやらハリネズミにも苦戦を強いられてしまう。そこで、俺が、

 “対ヘル用”

 に選んだ武具は……!!

 唯一揃えられたセットアイテム、アイゼンハートシリーズ!!!www

 ホントは、

 ↑このサイゴンシリーズも揃った気がしていたんだけど、“サイゴンのサボット”ってのが足らなかった……w 無念……w

 ちなみに、以前もお見せしたけど、アイゼンハートシリーズで身を固めると、見た目は↓こんなふうになる。

 先日はただの雑兵に見えたものだけど、いざこれでヘルに乗り出すとなると……めちゃくちゃ有能な、選ばれし黄金聖闘士に見えてくるから不思議!!!ww アイゼンハートの聖闘士よ、どうかこれで、にっくきゾンビのエリートを打ち破ってくれぇぇぇえええ!!!www

 続くw

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『ディアブロ II リザレクテッド』公式サイト:
https://diablo2.blizzard.com/ja-jp/

※ゲーム画面はPlayStation 5ソフト『ディアブロ II リザレクテッド』のものです。
©2021 BLIZZARD ENTERTAINMENT, INC.

 

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine