• TOP
  • スクープ > プレイステーション4、6年の歩みを振り返る プレイステーション4年表 ~2018ー2019~
  • TOP
  • スクープ > プレイステーション4、6年の歩みを振り返る プレイステーション4年表 ~2018ー2019~

プレイステーション4、6年の歩みを振り返る プレイステーション4年表 ~2018ー2019~

プレイステーション4、6年の歩みを振り返る プレイステーション4年表 ~2018ー2019~

2020.03.02


 
コロコロオンライン的プレイステーション4特集は、このハードの足跡がひと目でわかる“プレイステーション4年表”で決まり!
 
最後を飾る今回は、いよいよ次世代の足音が聞こえてきた2019年を振り返ります!!
 

プレイステーション4年表 2019年~

1月8日 PS4世界累計実売台数9160万台突破

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、プレイステーション4の全世界累計実売台数が2018年12月31日時点で9160万台を突破したと発表。
 
2018年の年末商戦期に560万台を超える実売を得て、この数値に達したとのこと。なお、同年末のソフトの販売本数は5070万本、累計実売本数は8億7600万本を突破したとしている。
 

1月25日 『キングダム ハーツIII』発売


 

3月8日 『デビル メイ クライ 5』発売


 

3月22日 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』発売


 

9月6日 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』発売


 

10月1日 PS NowがCERO Zのタイトルを追加

SIEは日本国内向けに、ゲームのサブスクリプションサービス“PlayStation Now(PS Now)”のラインアップに、新たにCERO Zレーティングタイトルを追加すると発表。
 
利用料金も大幅改定され、1ヵ月利用券は2500円(税込)から1180円(税込)に、3ヵ月利用券は5900円(税込)から2980円(税込)に、新設の12ヵ月利用券は6980円(税込)となった。
 

10月8日 “プレイステーション5”を正式発表

SIEは2019年10月8日、プレイステーション4の次世代機となる“プレイステーション5”を正式に発表した。
 
8K解像度出力、超高速なSSDを搭載、プレイステーション4との後方互換など、未来を感じさせる能力の一部も明かしている。なお、発売時期は2020年年末ごろとのこと。
 

11月8日 『デス・ストランディング』発売

 

11月28日 『十三機兵防衛圏』発売

 

12月3日 “史上もっとも売れた家庭用ゲーム機ブランド”として、プレイステーションがギネスに認定

初代プレイステーションが発売された記念日である12月3日に、SIEは、歴代プレイステーションが“史上もっとも売れたゲーム機ブランド”としてギネス記録に認定されたことを発表した。
 

12月12日 『新サクラ大戦』発売


 
次世代機となるプレイステーション5が発表された2019年!
 
たくさん遊んだ作品は何年だったかな?
 
2020年末にはプレイステーション5が発売予定だ! まだまだ進化し続けるプレイステーションを見逃すな!!
 
© Disney © Disney/Pixar
Developed by SQUARE ENIX
©CAPCOM CO., LTD. 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
©2018 FromSoftware, Inc. All rights reserved. ACTIVISION is a trademark of Activision Publishing Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.
©CAPCOM CO., LTD. 2018, 2019 ALL RIGHTS RESERVED.
©SEGA

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)