• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第99回 史上最速の引っ越し(2)
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第99回 史上最速の引っ越し(2)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第99回 史上最速の引っ越し(2)

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第99回 史上最速の引っ越し(2)

ドングリとサントス

古参住人・アーサーの後釜にと、たぬきちの斡旋で引っ越してきたニューカマー、コアラのドングリ。
 

 
性格自体は悪くなさそうだけど……この「ククッ」っていう口癖と、そもそもコアラのルックスが昔から苦手なので、今回もたぬきちによる誘致は、
 
「ファミ通のクロスレビューに換算すると……10点満点で4点だな」
 
そう断じざるを得なかった。要するに「ビミョー」ってことだ。
そんなドングリが引っ越してきた翌日、キャンプサイトに登場したのがサーファーウサギのサントスである。
 

 
おお……!! こ、これは……決して悪くないどうぶつ!! 
 
現在のルナステラ島にはいないキザなタイプだし、離島ツアーで出会っていたなら、誘致するかかな~り悩むレベルのウサギさんではないか!!
 
俺はこのサントスを、我が島に勧誘することにした。
 
でも、現在のルナステラ島はMAX10名のどうぶつが住んでいるので、サントスを誘ったら誰かが押し出されて出て行かなければならない。
 
これは、迷いどころである。古くからいる住人はすべてお気に入りなので、そうそう出て行ってもらっては困るのだ。
 
このとき、やたらと脳裏に「ククッ」、「ククッ」、「ククッ」という語尾がリフレインし、そのたびに、
 
「ククは81だよ!!!(怒)」
 
と、ナゼかキレ気味に返してしまっていたのだが、この段階では明確に「彼に出て行ってもらおう」という算段はなかったことだけ、ここに強調しておきたいw
 

身代わりは……

しかし、前回の日記で書いた通り、サントスの勧誘は困難を極めた。
 
いや、引っ越しフラグ自体は簡単に立てることができたのだ。
 
でも、その際にランダムで選ばれる“入れ替え組”として、立て続けに、
 
ヒノコ!!
 
メープル!!
 
という、俺の超お気に入りが選ばれてしまってリセットのくり返しに……。しかも、前回の記事では書き切らなかったけど、その後もやたらとヒノコとメープルばかりが使命されたおかげで、
 
「お、俺はもしかして……この2匹から嫌われているのでは……( ´・ω・)」
 
そんなことまで考えちまったじゃねえか(泣)。どうしてくれんだチクショウ><
 
しかし、粘ること数時間……。
 
ついにサントスが、↓こんなことを提案してきたではないか!
 

 
思わず、
 
「ウェーーーーーーーイッ!!!www」
 
と叫んでしまいそうになったが、そこはさすがに、感情を押し殺した。
 
「ド、ドングリか……。確か……昨日引っ越してきて、段ボールを解いたばかりだよな……^^;」
 
神妙な顔をしつつも、俺は0.2秒の早業で気持ちを切り替えた。
 
「でも……サントスがどうしても引っ越してきたいと言っているから……! ここは心を鬼にして、ドングリと入れ替わってもらおう!!><」
 
「受諾!」
 
を選択すると……。
 

 
「おおおおお。決まってしまった!!」
 
驚いているわりには、
 
|・`ω・)チラッ
 
|・`ω・)チラッ
 
と、多方面の様子を窺いつつの、瞬時の決断でありました^^;
 

史上最速の引っ越し

その後--。
 
話題のドングリの家を訪ねると……1日前と変わらぬ風景が、そこに広がっていた。
 

 
一瞬、
 
「あれ……? ドングリ、まだ引っ越しの荷ほどきが終わっていなかったのか……?」
 
なんてことを考えつつ、掃除にいそしむドングリに話し掛けると……。
 

 
やはり、引っ越しの準備だった。
 
かつて、牛バイキングのノルマンが滞在3日で引っ越していったことがあったけど、その記録を塗り替える“滞在2日の引っ越し劇”となってしまったわけだ。
 
スマン……、ドングリ……>< でも情が湧かないうちに別のところに行ってくれるのは、返ってよかったような気もするよ……><
 
ちなみに、わずか48時間の滞在で、家からも1歩も出なかった可能性があるドングリに対し、ルナステラ島の住人の反応は……。
 


 
神妙な顔してるけど……オマエら、1回もしゃべっていないだろ!!w
 
そして、その翌日。
 

 
件のサントスが引っ越してきて、ルナステラ島は新たな10人で運営されることになったのでした。
 
……ま、それもわずかな期間だったんだけど(意味深)。
 

次回は連載100回!

さて!!!
 
次回はついに……当日記の連載100回目です!!
 
『あつまれ どうぶつの森』が発売されてから1日も休むことなく更新してきたので、『あつ森』の発売から100日を迎えることになるわけですな!!
 
……とはいえ、何かアニバーサリー的なことが用意されているわけではないんですけど(苦笑)、一応、お知らせしておきます!!
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo
 
『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌のバックナンバーは次のページへ!!

12

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)