TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ちかしが語るキャンピングシェルターの使いこなし方と対処法~1~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×ちかしが語るキャンピングシェルターの使いこなし方と対処法~1~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×ちかし 第1回】

人気チームのPixio Monster(ピクモン)から、ちかし選手が対談に初登場!

ちかし選手といえば、なんといってもキャンピングシェルターの猛者として有名。そんなちかし選手にキャンピングシェルターについて、いろいろと聞いていくぞ。

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
ちかし
カラマリやGGBoyZといった強豪チームが集まった「プレミアリーグ」で優勝するなど、数々の実績を持つプロチームPixio Monsterのメンバー。スプラプレーヤーの中でもトップレベルのキャンピングシェルターの使い手で、エイム、生存能力、視野の広さとどれをとっても超一流の実力を持つ。また、冷静な判断力と的確な指示を出せるプレーヤーとしても評価が高く、相手からすると脅威となる存在である。

ふたりはビジネスライクな関係!?

――おふたりは大会などでもよく対戦していますけど、けっこう仲のよい関係なんですか?

あとばる:うーん。
ちかし:仲がよいというか……。

 

――同じチームで大会に出場していたので仲が良いのかなと思ったんですけど、そうでもない?

ちかし:仲がよくないと言うと語弊がありますけど……(笑)。
あとばる:大会とかに出たりはしますけど、そんなにリアルで遊ぶという仲ではないですね。
ちかし:Twitterでリプとかも全然しないし、DMとかで大会のお誘いだけですもんね。
あとばる:ビジネスライクな感じです(笑)。

 

――リプでいじったりといった関係性ではないんですね(笑)。

ちかし:そういう関係ではないですね。あとばるさんは絶対にいじれない(笑)。

 

――あとばる選手から見たちかし選手はどういうプレーヤーという印象ですか。

あとばる:キャンピングシェルターを使っている中でトップレベルのプレーヤーってのがまずあって、それにプラスして自分の思考をわかりやすくアウトプットできるプレーヤーだと思うんですね。試合中もキャンピングシェルターで相手の攻撃を耐えながら、しっかり味方に指示を飛ばしてくれるんですよ。
 そういう指示を伝えてくれるプレーヤーってあまりいないので、すごく貴重な存在だなと。しかも、指示がわかりやすく、かつ的確という。僕なんかちょっとどもっちゃったり、言葉が出てこなかったりするんですけど、そういうのがないのですごいなと思ってますね。
 あと、ブキ種的にもキャンピングシェルターが前で耐えてくれると、H3リールガンを持っているときにすごく楽なので、組むとすごくやりやすいプレーヤーのひとりですね。

 

――逆にちかし選手から見て、あとばる選手はどんな印象がありますか?

ちかし:カラマリの中だったら触りたくないというか、できるだけ対面したくない相手ですね。あとばるさんは、メインがめちゃくちゃ上手いんですよ。
 キャンプって傘をパージするまでにちょと硬直があるんですけど、あとばるさんが相手だとその開くまでにやられちゃったりとか、後ろから奇襲をかけて俺が撃っていたはずなのに、気づいたらなぜか俺がリスポーンにいるみたいなことがよくあって(笑)。

 

――反応速度が速い?

ちかし:そうなんですよ。反転がめっちゃ上手い。しかも、すごく判断力のある人なので、対面しなくていいときは全然無視してくるそれで、無視してきたからちょっとちょっかいをかけに行こうと思ったら、ちょっかいをかけた瞬間に処理されるみたいな。
 逆に味方だと本当にやりやすいですね。前線で自分が無視されちゃったりすると、後ろに一気に敵が行っちゃったりするんですけど、それもうまく処理してくれますし。H3リールガンだと間違いなくトップレベルのプレーヤーですよね。

 

ふたりが組んで出場した大会で優勝!

――先月、おふたりとカラマリのぴょんさん、ピクモンのボムαさんを加えた4人でチームを組んで大会に出場してましたけど、これはどういった経緯で一緒に出ることになったんですか?

ちかし:普段は大会はピクモンで出たりしているんですけど、ピクモンのうちのひとりが先に別のチームで出ると決まっていたんです。それで、俺も誰かを誘って出ようとなったときに、まずはぴょんさんとあとばるさんに声をかけようと思って。
 カラマリ2人、ピクモン2人というのは全然意識していなくて、自分が「このブキを誘うならこの人だな」という感じで誘ってあのメンバーになりました。

――カラマリとピクモン2人ずつと決めていたわけじゃなく、たまたまだったんですね。

ちかし:そうですね。

 

――こういったオンラインの大会前は練習とかもするんですか? 4人で1回ちょっとやっておこうかみたいな。

あとばる:今回は前日にちょっと合わせるくらいでしたね。対抗戦を募集して、どんな感じで各々動けばいいんだろうというのを1度やっておいて、本番までに調整するみたいな。

 

――それでしっかり優勝したのは見事ですね。

ちかし:いや、本当に。
あとばる:まあ、僕視点では味方が上手かったですね。
ちかし:俺視点でも味方が上手かった(笑)。

 

――なるほど(笑)。

あとばる:いいチームだったということだと思うんですけどね(笑)。
ちかし:そうだと思います。

 

――優勝したあと、配信でちかし選手が「おれたちはZAPがいなければ勝てる」ということを言っていましたけど、あれはどういう意味なんですか?

ちかし:今回の大会はチーム内での同スペシャル禁止の大会だったんですよ。
あとばる:同じスペシャルがチーム内に2人いちゃだめってことですね。
ちかし:そういった制限がない大会だと大体N-ZAP852枚いる感じで、そういう編成って塗りがめちゃ強いんですよ。しかもボム持ち、インクアーマーもいっぱいみたいな。たぶん、あとばるさんのメインであるH3リーガンもそういう編成相手だと塗り勝てないし、自分のメインであるキャンピングシェルターも前線のボム持ちが多いときつくなる。
 ぴょんさんのチャージャーも、たぶんインクアーマーが多いとしんどいと思うんですね。そういう意味でも環境的にはやっぱりちょっと向かい風だったので、同スペシャル禁止は自分としてはとてもいいルールだなと思って(笑)。

 

――同じスペシャル禁止だと、そんなに環境に依存しない試合になってくるわけですね。

あとばる:そうですね。どちらかというとメインのシナジーとか、プレーヤー間の相性とかがより重視されてくるので、自分としても動きやすかったのはありますね。

 

――ちかし選手がいまメインで使っているブキは、キャンピングシェルターカーモになるんですか?

ちかし:一番使っているのは無印、ただのキャンピングシェルターですかね。

 

――そうなんですね。この大会の決勝ではカーモを使ってましたけど、チーム編成やルールによって使い分けている形なんですか?

ちかし:そうですね。このときカーモを持ったのは、無印はスペシャルがバブルランチャーで、基本的にポジションがすごく前なんですよ。それで、味方の編成がチャージャーにH3リールガンと、けっこううしろ目のブキが揃っていて、無印のポジションだと自分が孤立しやすくなってしまう。
 そもそもバブルのキャンプって相手の後衛を潰すのが役割なんですけど、こちらは後衛にチャージャーがいて、味方の誰も敵の後衛に触れないということもないですし、だったらこちらのチャージャーを潰しにくる相手の前線を潰しやすいカーモにしようということで選んだという感じです。

▲キャンピングシェルターカーモはサブがトラップ、スペシャルがウルトラハンコという組み合わせ。ウルトラハンコの爆発力が大きな魅力だ。

――編成的なバランスを見たわけですね。普段ピクモンでやる場合だと、基本はキャンピングシェルター無印を持っていく形ですか?

ちかし:基本的にはそうですね。ただ、あまり自分の中で「一番持ちたいのはこれ」というのもないので、相手やルール次第でいろいろ変えたりしています。

 

――そこはうまく使い分けているんですね。ちなみに、これからキャンピングシェルターを使っていきたい人に、3種類の中でオススメするとしたらどれが一番扱いやすいですか?

ちかし:カーモですね。キャンプ系統って、メインがめちゃくちゃ難しくて、キルが取れないブキと言われているんですね。基本的に役割がキルじゃないので。でも、カーモはスペシャルとメインがけっこう噛み合っていて、傘を飛ばして塗りを作ってスペシャルでキルという動きがしやすいブキなんです。
 その戦法だと、一応、キルの役割でも置けるので、自分がなにをするべきなのかわかりやすいんですよ。そういう意味でカーモが一番使いやすいブキなのかなと思います。

 

――あとばる選手はカーモというブキはどう評価していますか?

あとばる:ブキの中でウルトラハンコとメインとの組み合わせが一番合っているのがカーモかなという印象ですね。個人的に相手していて面倒臭いのはバブルランチャーでやたら耐えてくる無印の方なんですけど、カーモはワンチャンの爆発力があって、傘のパージにセンプクして、どこにキャンプがいるのかわからないという状態からハンコで奇襲ができるので、それがうまいプレーヤーはすごく厄介ですね。

 

――あとばる選手は前からシェルター系が嫌いと言ってますけど、どこが一番嫌なんですか?

あとばる:やっぱり硬いところですよね。味方と僕、2人で撃っても壊れないことが多くて。普通のパラシェルターとかでも壊れないことがたまにあって、せめて2人も引っ張って集中砲火を受けたら壊れてほしい(笑)。

 

――キャンピングシェルターは硬くても仕方ないけど、パラシェルターはもっと傘の耐久値を下げてほしい?

あとばる:まあ、キャンピングシェルターももうちょっと簡単に壊れたらなあとは思いますけどね(笑)。ただ、キャンピングシェルターは面倒ではあるんですけど、あまり機動力がないブキなので、放置するという選択肢も取れたりするのでまだいいんですよ。それに対してパラシェルターはガンガン対面してきて、かつ硬いので嫌いです(笑)。

 

【今回のまとめ】
・これからキャンピングシェルターを使うならカーモがオススメ!
・ちかし選手はプレースキルはもちろん、指示の面でも的確でわかりやすい!
・N-ZAP85がいなければ俺たちは勝てる!

 

次回も引き続きあとばる選手とちかし選手の対談をお届け。ちかし選手がプロになるまでの経緯などを聞いていくぞ。

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は3/23(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine