TOP 特集&連載 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第519回 季節の変わり目注意! 9月から獲れなくなる生き物・甲虫編!
特集&連載

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第519回 季節の変わり目注意! 9月から獲れなくなる生き物・甲虫編!

TwitterFacebookLine

つぎはカブトムシ系じゃ!

 まもなく、季節がガラリと入れ替わる秋になると言うことで、『あつ森』世界の生態系もキレイに“秋模様”に変容する。

 それに合わせて、島で獲れる虫や魚が大幅に刷新されてしまうので、旬を逃すとたいへんなことになりますわよ奥様がた……ってことになって、先日より急遽、

 “9月になった瞬間に姿を消す生き物たち”

 を、当日記で特集しているのである。

 まず、前々回の日記では“魚編”をお届けした。

 まあこれは数も少なく、超レアのめんどっちぃ魚も少ないので、多くの人がすでに捕獲済みか、8月の残り2週間で簡単に捕まえることができるだろうと考える。

 それよりも、問題は“虫”なのだ。

 前回の記事で触れているが、8月いっぱいで、

 「わしの仕事、今日で終わり!!!www 明日からは誰がなんと言おうとも、島には来ませんから~~~!!www(゚∀゚ )アヒャヒャヒャ!!

 ↑このように人を小バカにしたように宣言し、ホントにパッタリと姿を消してしまう虫どもは……! じつに……!!

・アオスジアゲハ:4月~8月
・オオムラサキ:5月~8月
・アブラゼミ:7月~8月
・ミンミンゼミ:7月~8月
・クマゼミ:7月~8月
・ツクツクホウシ:7月~8月
・ヒグラシ:7月~8月
・セミのぬけがら:7月~8月
・タマムシ:4月~8月
・ホウセキゾウムシ:7月~8月
・プラチナコガネ:7月~8月
・カナブン:7月~8月
・ノコギリクワガタ:7月~8月
・ミヤマクワガタ:7月~8月
・オオクワガタ:7月~8月
・ホソアカクワガタ:7月~8月
・オウゴンオニクワガタ:7月~8月
・ギラファノコギリクワガタ:7月~8月
・カブトムシ:7月~8月
・コーカサスオオカブト:7月~8月
・ゾウカブト:7月~8月
・ヘラクレスオオカブト:7月~8月

 22種も存在するんだよチクショウ!!!><

 で。

 あまりにも多いので記事では小分けにし、前回は“セミ編”と称してアブラゼミやヒグラシなど、夏限定のセミさんたちをフィーチャーさせてもらった。

 それでも、セミは6種類だけ。がんばれば、模型製作に必要な3匹を捕獲するのも、それほどたいへんな作業じゃないかもしれない。

 ……そう、問題はそれ以外の虫なのだ。

 夏の主役虫にして、子どもたちのアイドル!! 俺も少年時代は毎晩のように捕獲にくり出し、多いときには余裕で40~50匹は捕まえてきた“キング・オブ・インセクト”!! それが……!!

 そう!! カブトムシやクワガタに代表される甲虫類!!w

 8月末日をもって蒸発するように消えていくこいつらを3匹ずつ捕獲しておかないと、模型製作が1年後に持ち越されてしまうんじゃぁぁぁああああ!!!www

意外と手こずる虫とは

 はい、というわけで甲虫編ですw

 ここに分類されるのは、タマムシまで含めると……げげげ!! 14種もいるのかよ!!

 とはいえ、すでに模型製作を終えている虫もいるのが今回の強み。

 これはちょっと前に撮影したスクショだけど、この段階で、

・ヘラクレスオオカブト
・コーカサスオオカブト
・オウゴンオニクワガタ
・ギラファノコギリクワガタ
・オオクワガタ

 じつに捕獲が面倒くさい5種の模型製作は完了していた。

 となれば、残るは9種……!

 その中で、最後まで手こずりそうな虫は、↓この3種だろうか。

 プラチナコガネは、見掛けること自体が極端に少ない気がする。

 ホウセキゾウムシも、かなり珍しい虫だと思う。プラチナコガネほどではないけど。

 そして。

 意外な盲点、タマムシ!!

 タマムシは時間を問わず発生するけど、絶対的な条件として“切り株限定”が付いているので油断してはならない。切り株の周辺って、ついつい突っ走って駆け抜けてしまって虫を蹴散らすことが多いんだけど(俺だけ?)、今回ばかりは慎重に歩いて、タマムシを捕獲しないといけないと思ったね。

 このように、駆け込みで虫を捕まえようとしているのは俺だけではなく、じつは……島のどうぶつたちも必死なようでw

 ↓ホラw

 ジャスミンが虫あみを持って歩いていたので、話し掛けると……w

 やばwww 俺以上に本気らしいぞwww

 さらに……。

 おおおお!! ジャスミンのこの発言、↓こちらの記事に詳しいけど、超レア虫を捕まえるときのコツになっているではないか!!ww

 そう、オウゴンオニクワガタのような速攻で逃げる超レア虫は……!

 虫の呼吸(身じろぎ)に合わせてジリジリと接近し……!

 虫あみを振る!!!

 これで捕まえられるはずなので、皆さんもがんばって、8月中に3匹ずつ捕獲してくださいな!!!

 ……え?

 オメーと違って、虫模型のコンプリートなんて目指してない……ですって!?w

 そういう方は、ワタクシめの行く末をこの日記で楽しんでくださいな^^;

 続く!!

1年前の今日は?

 せっかく丸1年、1日たりとも欠かさずにプレイしているので新企画“1年前の今日は?”と題して、“昨年の今日のスクショ”を1枚掲載していこうと思います!

 ちょうど1年前、2020年8月21日の様子は↓こちらです。

 タヌキ商店に長居しすぎて、店を追い出された夏の日……w

大塚(おおつか) 角満(かどまん)
1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine