TOP 特集&連載 【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×あいすめが語るウデマエアップの極意!~2~
特集&連載

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! あとばる×あいすめが語るウデマエアップの極意!~2~

TwitterFacebookLine

トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!!
【あとばる×あいすめ 第2回】

あとばる選手×あいすめ選手の対談第2回目。

今回はジェットスイーパーカスタムを使うポイントや最近のガチマッチ事情についてふたりに語ってもらったぞ。

 

あとばる
驚異的なエイム力を持つカリスマプレーヤー。「第2回スプラトゥーン甲子園」では、不利な状況から相手を次々と倒す神がかり的なプレーを連発し、優勝に大きく貢献。H3リールガンの名手としても知られ、彼の影響でH3リールガンを使い始めたプレーヤーも多いとか。おもな実績は「第2回スプラトゥーン甲子園」優勝、「第4回スプラトゥ-ン甲子園オンライン代表決定トーナメント」優勝など。チーム・よしもとゲーミング カラマリ所属。
Twitter:https://twitter.com/Atobaru_ika
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UChczP5QLI27iCB-pEfz2eYA
OPENREC.tv:https://www.openrec.tv/user/atobaru_ika
あいすめ
さまざまなブキを使いこなすマルチウエポナー。シューター、スロッシャー、シェルター、マニューバー、スクイックリンなど、数多くのブキを高いレベルで扱うことができるため、味方の編成で足りない部分を補ったり、相手の編成を読んでそのメタとなるブキを出したりと、あらゆる場面に対応することが可能。環境が変化していくオンラインゲームでは、こうしたマルチウエポナーの存在はかなり重要度が高く、チームにとっては非常に頼りになる存在だ。

ハイパープレッサーをうまく当てるコツはある?

――あいすめ選手は大会でジェットスイーパーカスタムを持つこともありますよね。

あいすめ:そうですね。相手の編成とステージの地形、たとえばハイパープレッサーが刺さりそうなステージはジェットスイーパーカスタムを持ったりします。

 

――ジェットスイーパーカスタムの立ち回りではどんなことを意識していますか?

あいすめ:ハイパープレッサーをぶん回していればわりと働けるので、ゲージ溜めを意識しつつ、敵が前に出てきたらメインで狩るという感じですね。

 

――ハイパープレッサーは扱うのが難しいスペシャルという印象があるのですが、うまく当てるコツはありますか?

あいすめ:マップを見て撃つ練習をした方がいいと思います。ヒットすると相手がマップに映るので、それを見ながら撃つ感じですね。最初はガチホコとか、相手の位置がわかりやすいルールで練習するといいかもしれません。

 

▲スペシャルの中でも上手い人とそうでない人の差がはっきり出やすいハイパープレッサー。効果的に使えれば、かなり強いが……。

 

――確かにホコはいいかもしれないですね。ちなみに、あとばる選手はハイパープレッサーのブキを使うこともありますか?

あとばる:ハイパープレッサーはマジで無理です。どう当てたらいいのか全然わからない。ある程度、地形と相手の動きを読むんでしょうけど、ハイパープレッサーのエイムってちょっと重いじゃないですか。あれが僕は無理ですね。

 

――スペシャルの中でも、すごく個人のスキル差が出ますよね。

あとばる:一番出るんじゃないですかね。うまく使わないと本当に無意味なスペシャルになってしまうので、かなり難しいですね。

 

最近のガチマッチはみんな慎重になりすぎている?

――あとばる選手から見て、あいすめ選手はどんなプレーヤーという印象ですか?

あとばる:いろんなブキの持ち替えをしているのに、それぞれのブキの特性にあった的確な立ち回りができる”スプラIQ”の高いプレーヤーという印象がありますね。考えてプレーして、ちゃんとそれを出力できるプレーヤーってなかなかいないので、それをいろんなブキを持ってマルチにできるというのはすごく稀有だと思いますね。

 

――あいすめ選手は、負けた試合のあとに「なんで負けたんだろう」とか「なんでダメだったんだろう」ってことはわりと反省して考えたりしながらプレーしていくタイプなんですか?

あいすめ:ゲーム中は考えてやっているんですけど、なんで負けたかとかの反省はあまりしないですね。

 

――たとえば自分で動画を撮ってそれを見返したりだとか、別の人に自分のプレーを見てもらってアドバイスをもらうということもしない?

あいすめ:しないですね。逆に知り合いから「アドバイスして」と言われるのはめっちゃあります(笑)。

 

――あいすめ選手は『2』が出た当初からわりと強い感じだったんですか?

あいすめ:『1』を少ししかやっていなかったのもあって、最初はそれほど強いという感じでもなかったんですけど、プレー時間を多くしていってだんだん勝率もよくなってきたという感じです。

 

――ガチマッチで好きなルールはありますか?

あいすめ:やっていて楽しいのはエリアですね。

 

――エリアで勝つためには、なにが一番大事だと思いますか。

あいすめ:味方のカバーと塗り状況を保つことですかね。

 

 

――ガチマッチだと自分が前に出てどんどんキルを狙うプレースタイルの人もいると思うんですけど、どちらかというとフォローを重視するような立ち回りをしている?

あいすめ:基本はカバーとか塗り状況を重視していて、それでも勝てないとなった場合はキル重視に移る感じですね。

 

――フォローだけじゃ無理となったら、多少無理してでも自分が行くしかないと。そういえば、あとばる選手は最近リスナーさんのプレーを解説する動画をアップされていましたけど、その中でヤグラはキューバンボムが強いという話をされていたじゃないですか。同じようにエリアはこれが強いというのはなにかありますか?

あとばる:うーん。エリアはそういうのがないんですよね。型にはめられないところがエリアの難しさというか。ヤグラはヤグラ上にキューバンボムを投げるだけで圧力がかかってキルも取りやすくなるので、キューバンボムを持っているブキはヤグラの上にポイポイ投げておけばとりあえず強いよとは言ったんですけど、他のルールだとそんなに……。あえて言うなら、ホコのポイズンミストも同じような感じではあるかもしれないですけど。

 

▲相手の移動を遅くし、インクを少しずつ減らすポインズンミスト。ホコを持っているときに進行ルート上に投げられるとかなり厄介だ。

 

――ヤグラと同じように、ホコも来るルートが大体決まっていますもんね。

あとばる:そうですね。そこにポイズンを入れて、動きを制限していくのはやっぱり強いですよね。

 

――アサリではなにかありますか?

あとばる:アサリは入れ方の話になっちゃいますね。バブルランチャーで無理矢理入れにいくとか、イカスフィアにジャンプして入れるとか。

 

――初心者でもこれをやっとけばそれなりの仕事はできるとか、楽に勝てる方法があればと思ったんですけど……。

あとばる:そういうのはないです(笑)。

 

――そう都合よくはいかないですよね(笑)。あいすめ選手はどうですか? たとえば、エリアだとこれをやっておけばみたいな。

あいすめ:エリアはN -ZAP85でエリアとエリア周りを塗ってアーマーぶん回しとけば仕事できます。

 

――生き残って、とにかく塗って溜めろ、と。

あいすめ:はい。

 

――ちなみにエイムがすごく当たる日と、まったく当たらない日があるんですけど、そういうことはおふたりもあります?

あいすめ:たまにありますね。
あとばる:当たらないときは大体ウォーミングアップしていないときなので、温まってくれば当たり始めますね。

 

――何試合かこなしていけば当たるようになる?

あとばる:そうですね。本当に疲れていて調子が悪い場合は当たらないこともありますけど、そういう日は寝ちゃいますし(笑)。
あいすめ:最初に数分間、試し撃ちをして、2連敗したらその日はやめるのもひとつの手かなとは思います。

 

――なるほど。それは正しい判断かも……。あと、ガチマッチでの他のプレーヤーの行動で、「こういうプレーはやめたほうがいい」といった気になる行動ってなにかありますか?

あとばる:最近思うのは、前に比べてみんなチャレンジをしなくなってしまったというか、めちゃめちゃデスをしない意識が強くなってきているんですよね。
 基本はそれでいいんですけど、カウントリードをとられていて、逆転するにはリスクを取ってでもリターンを取らなきゃいけないときがあるんですけど、そのリスクを取りに行かない人がすごく増えたなと思って。

 

――みんな慎重に立ち回るようになっている?

あとばる:そうですね。その動きが基本的に味方頼りではあるので、ガチマッチだと安定しないだろうな、なんて思いながら僕もガチマッチしていますけど。

 

――やられちゃいけないけど、かと言って生存だけを意識してもというような。
あとばる:昔は生き残るところで生き残らずに突っ込んでやられちゃうみたいな人が多かったんですけど、最近は真逆になっちゃいましたね。
あいすめ:抑えで簡単にやられるのはダメですけど、打開のときはチャレンジしていいと思いますね。

 

【今回のまとめ】
・ハイパープレッサーは最初はガチホコで感覚を掴んでいこう!
・試合前に試し撃ちでウオーミングアップしてエイムの安定度を高めよう!
・打開のときはリスクを負ってチャレンジすることも大事!

 

次回もふたりの対談をお届け。いろんなブキを操るあいすめ選手の思う、現環境での最強ブキとは? 次回もお楽しみに!

爆連載「イカすガチ対談マッチ!!」の過去記事はコチラ!

次回は8/31(火)更新!!

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine