TOP 特集&連載 【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第25回「オリジナルゲームついに完成!」
特集&連載

【はじプロ】『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第25回「オリジナルゲームついに完成!」

TwitterFacebookLine

2021年6月11日に任天堂より発売されたNintendo Switch用ソフト『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』。コロコロオンラインのライター・トニオ國崎が、はじめてのゲーム制作に挑戦するプレイ日記をお届けする。

ゲーム制作もいよいよ……

こつこつと続けていたオリジナルゲームの制作もついに大詰め。

まず今までどんなゲームを作っていたかというと……

あふれ出る球や罠を避けて上へ上へと昇っていき……

ときには、壁キックで駆け上がる!

ざっくり言うと、妨害を避けて頂上を目指す山登りアクションである。

とりあえずゴールは作ったものの、そこまでの道のりをどうするか考えるが……さてどうしよう。仕掛けのネタがかぶると面白くないので弾発射はもう使えない……!

今までの経験を活かしてシーソーを作ったり、足場を回転させてみたりなど、あらゆる仕掛けを試して合うものを探していく。う~んどれにしようかなぁ。

なんやかんやで試行錯誤すること小一時間。悩んだ結果作った仕掛けがこちら!

ゴールを盛り上げる最後の仕掛けは、スライド連結を使った「動く床」にしてみた。仕掛けは「横スクロールゲーム」レッスンで学んだことを流用したものであり、壁キックで上に登ったあとは左右にギュンギュン動く足場を渡って、ゴールにたどり着く! というわけだ。

確認用のワープを消したあとは、イチからテストプレイをして無事にゴール!

アクションゲーム『ゴー!ハラハラマウンテン』の完成だ!

というわけで公開したものがこちら!

ゲームID「G 005 FP6 LVJ」で誰でも遊べるので、ぜひ遊んでほしい!

やっとこさ完成して改めて振り返ると……まずイチからゲームを作るのではなく、知らないうちはレッスン~アレンジと徐々に段階を踏ませて誘導してくれるゲームデザインは、ゲームプログラミング知識が無かった自分にとってとても触りやすいゲームだった。「原理は分かるけど、どうやって再現するんだろう……」みたいな部分も、トライ&エラーを重ねつつ頑張って再現していくので、ついつい数時間が過ぎてしまうことも……。でもこうやって仕掛けを完成させたときはやり込みがいを感じてたまらない! しばらく忘れてた「モノを作る」ことの楽しさを久しぶりに思い出した気がする……。

 

さて、未経験から始まった『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記も1作目のゲーム制作が終わり、いったんここで一区切りとなります! とはいえ、まだまだ作っていきたいゲームがありますし、ゲームを通してお届けしていきたいこともあるので、以降は不定期更新で続いていきますが今後もよろしくお願いします!

ではまた!


作品概要
『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』
■発売⽇:2021年6月11日(金)
■メーカー:任天堂
■対応機種:Nintendo Switch
■価格:
パッケージ版:3,480円(税込)
ダウンロード版:2,980円(税込)
・公式サイト
・マイニンテンドーストア

【執筆】トニオ國崎

1994年5月生まれ。興味を持った作品はジャンル問わず遊ぶフリーライター。コロコロオンラインでは「『帰ってきた 魔界村』プレイ日記」「ロックマンエグゼ20周年企画」「クラッシュ・バンディクー特集」などの記事を企画・執筆。
イラスト:秋おこ

『はじめてゲームプログラミング』プレイ日記バックナンバーはこちら!!

© Nintendo

この記事をシェアする!

TwitterFacebookLine

関連記事

『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』プレイ日記 第1回「ゲームを作ってみたい!……けどどうやってやるの?」