• TOP
  • スクープ > 『映画ドラえもん のび太の月面探査記』公開中! 脚本・辻村深月先生×まんが家・むぎわらしんたろう先生SP対談~3~
  • TOP
  • スクープ > 『映画ドラえもん のび太の月面探査記』公開中! 脚本・辻村深月先生×まんが家・むぎわらしんたろう先生SP対談~3~

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』公開中! 脚本・辻村深月先生×まんが家・むぎわらしんたろう先生SP対談~3~

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』公開中! 脚本・辻村深月先生×まんが家・むぎわらしんたろう先生SP対談~3~


『ドラえもん』の大長編劇場版シリーズ39作目『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が公開中!
 
第15回本屋大賞を受賞した『かがみの孤城』、ひみつ道具を各章のタイトルにした『凍りのくじら』などで知られる人気作家・辻村深月先生が脚本を担当し、ドラえもんたちの新たな冒険を描いた作品だ。
 
映画公開にあたって、コロコロオンラインでは脚本の辻村深月先生と、藤子・F・不二雄先生の最後の弟子・むぎわらしんたろう先生豪華過ぎる対談記事を3日間連続掲載!!
 
最終回は、映画の感想や”ドラえもんらしさ”について語って頂いた!
 
なお、作品の紹介はコチラの記事をチェック!
 

関連記事

 

辻村深月先生×むぎわらしんたろう先生SP対談~1~
辻村深月先生×むぎわらしんたろう先生SP対談~2~

<対談者プロフィール>
 

辻村深月 先生
1980年生まれ。千葉大学教育学部卒。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞を受賞。12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞。18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞第1位となる。著書に、章タイトルをすべて『ドラえもん』のひみつ道具にした『凍りのくじら』などがある。
むぎわらしんたろう 先生
1968年、東京都生まれ。『秋風の贈り物』で第14回小学館新人コミック大賞児童部門藤子不二雄賞受賞。1988年、藤子プロ入社。代表作に『ドラベース ドラえもん超野球外伝』『新ドラベース』『野球の星 メットマン』『ドラえもん物語 ~藤子・F・不二雄先生の背中~』などがある。

 

巧みな伏線回収

――完成した映画を実際に観たときの感想などを教えてください。
むぎわら:上手く伏線が張られ、見事に回収していく。ひとつの物語として、最初から最後までしっかり楽しめる作品になっていたと思います。
 
辻村:ありがとうございます!
 

 
――おふたりは同じ試写室で観たそうですが、なにかお話はされましたか?
辻村:私は八鍬監督と並んで観ていたんですが、作品を観終えたあとはもう感無量で……。八鍬監督に泣きながら、「ありがとうございました!」とお礼を言っていたら、誰かが後ろから私と八鍬監督の肩を抱き寄せて「お疲れ様。よかったね!」と言ってくれて、振り向いたらむぎわら先生でした。気づいていなかったのですが、私たちの後ろで観ていてくださったんですよね。むぎわら先生からの言葉と、見守っていただけたことへの感謝で、また涙が止まらなくなってしまって……。
 
むぎわら:今年もちゃんと映画が形になった。辻村先生がずっと描いてきたものがひとつの作品になったという感動が僕にあったんです。だからこそ何か声をかけたくて。
 
辻村:帰り道でも、むぎわら先生は「自分の書いたセリフがキャラクターを通して聞けたり、自分の作ったキャラクターが動くのを見るのは楽しいよね」と言って下さいました。『ドラえもん』というタイトルは背負うものがとても大きいですよね。だけど、むぎわら先生が言ってくださったように、単純な、ひとりの作家として映画に関われたことの楽しさや喜びを認めてもいいんだと、やっと思えて、それもすごく嬉しかったです。
 

 
――おふたりが考える”ドラえもんらしさ”とはなんでしょうか。
むぎわら:自分をのび太に置き換えられるところでしょうか。僕は小さい頃から『ドラえもん』を読みながら「のび太になりたいな」と思っていました。ドラえもんたちと色んな場所へ冒険しながら、ひみつ道具を使って敵をやっつけていく。そして、最後は日常に戻っていくところが”ドラえもんらしさ”だと思います。
 
辻村:私も同じです。ドラえもんのベースは、のび太たちの日常生活を描いたギャグまんがだと思っています。タイムマシンの入り口が机の引き出しだったり、鏡の向こう側に世界が広がっていたり、畳の向こうが宇宙とつながっていたり……。そういう日常世界から冒険に行って、また日常に戻ってくるところが大好きです。だからこそ、読者ものび太たちの冒険やひみつ道具の存在を自分と地続きのものとして考えられるんですよね。
 


▲日常から始まる大冒険は、ドラえもんの醍醐味のひとつ!

 
――最後にファンの方にひとことお願い致します。
むぎわら:今回の映画は、近くて遠い、いつも見ている月の世界です。夜、空を見上げればそこに月があるので、映画を見た後は、のび太の気持ちになって、冒険を思い出して頂けたらと思います。
 
辻村:映画や小説で作品を見たあとに、ぜひ自分のお父さんやお母さんと『ドラえもん』の話をしてみてください。じつはお父さん、お母さんたちも小さい頃に映画『ドラえもん』をおじいちゃんやおばあちゃんたちと一緒に観ていたかもしれない。そんな映画の思い出などを話せるキッカケになってくれたら嬉しいです。ぜひ、月を見ながら親子で話してみてください。
 
――ありがとうございました!
 


▲映画のイラストをむぎわら先生が描き下ろし! 辻村先生へプレゼントされたぞ!!

 
ついに公開された『映画ドラえもん のび太の月面探査記』。新たな舞台”月”で大活躍するドラえもんやのび太たちの冒険を見に行こう!!

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)