• TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.1-2 ~新時代のジョーカーズを構築せよ!~
  • TOP
  • 爆連載 > デュエマ妄想構築録 vol.1-2 ~新時代のジョーカーズを構築せよ!~
デュエル・マスターズ

デュエマ妄想構築録 vol.1-2 ~新時代のジョーカーズを構築せよ!~

By まつがん

ジョーカーズの新戦力、《タイク・タイソンズ》と《天体かんそ君》。早速この2枚を使って、新時代のジョーカーズのデッキレシピを考えていこう。

さて、デッキを作るときにまず始めに考えるべきはぶん回りだ。そのデッキが最大のポテンシャルを発揮したときに何が起こるのか、それを定義づけることで、そのラインを最も効率良く実現するために何が必要かという課題が生まれる。

2ターン目に《タイク・タイソンズ》を出し、3ターン目に《天体かんそ君》へと「Jチェンジ」した場合、4ターン目に使用できるマナは6マナになる。この6マナで起こせる最大アクションを見つければいい。

結論としてはその最大アクションは、なるべくジョーカーズであった方が良いという制約もあるので、おそらく《天体かんそ君》を手札に戻しつつの《ジョット・ガン・ジョラゴン》になるだろう。《超特Q ダンガンオー》も悪くはないのだが、万一S・トリガーを踏んでしまったときにリカバリーしやすいのは、《ガヨウ神》を「ジョラゴン・ビッグ1」するパターンになるだろうからだ。

また、「Jチェンジ」は発動してもクリーチャーの数自体は変わらないため、いずれにせよ横に並べる《ガンバトラーG7》よりも、縦に太い《ジョット・ガン・ジョラゴン》軸で使った方が良さそうだ。

次に《タイク・タイソンズ》《天体かんそ君》のコンビが、これまでのジョーカーズで言うとどんな部分を担っているのかを明らかにしておきたい。

《タイク・タイソンズ》は2マナのクリーチャーで、3ターン目に「Jチェンジ」したとすると4ターン目にチャージ含めて5マナが出るようになるカードである。また、《天体かんそ君》は出るととりあえずマナブーストができるというカードである。

こう考えると、これらのカードは以前までのジョーカーズにおける《チョコっとハウス》や《パーリ騎士》が担っていた部分に相当するカードであると言うことができる。ただし《タイク・タイソンズ》の場合は《チョコっとハウス》と違い、手札を使わなくてもマナブーストできる点がポイントだ。

ここまで来るとデッキはできたも同然だろう。《ジョット・ガン・ジョラゴン》をフィニッシャーに据え、《チョコっとハウス》や《パーリ騎士》が入っていたスロットに《タイク・タイソンズ》と《天体かんそ君》を入れ込んだ新時代のジョーカーズ。

それがこちらだ!

枚数
カード名
4
《ヤッタレマン》
4
《タイク・タイソンズ》
2
《洗脳センノー》
4
《天体かんそ君》
4
《ガヨウ神》
2
《超特Q ダンガンオー》
4
《ジョット・ガン・ジョラゴン》
4
《キング・ザ・スロットン7/7777777》
2
《ジョット・ガン・ジョラゴン Joe》
2
《アイアン・マンハッタン》
4
《罠の超人》
4
《ジョジョジョ・ジョーカーズ》

《罠の超人》……?

読者諸君もおそらく「あの、彼はジョーカーズではないですよね?どうしてここにいるんですか?」と問いただしたくなってきている頃合いだろう。私も聞きたい。何となれば、《キング・ザ・スロットン7/7777777》も入っているデッキで、わざわざジョーカーズ以外を入れて積極的にハズレを作る理由は見当たらないはずである。

だが、そこにはシンプルかつクリティカルな理由があった。

自然マナが出ないのだ。

そう、コロコロコミック8月号で先行公開された「デュエル・マスターズ TCG DMRP-07 双極篇 拡張パック第3弾 †ギラギラ†煌世主と終葬のQX!!」のカードはわずか数枚。その中で判明した自然ジョーカーズは 《タイク・タイソンズ》と《天体かんそ君》のみ。まさか自然のジョーカーズがこの2枚だけとは思わないが、しかしデッキをジョーカーズで揃えようとすると、必然的に自然マナは《タイク・タイソンズ》と《天体かんそ君》、合計8枚しか投入できなくなってしまうのである。

やむなく初手にあったら2秒でマナゾーンに置ける《罠の超人》を入れてはみたものの、このデッキが美しくないことは誰の目にも明白であろう。

また、このデッキを脳内で一人回しするうちに、一見無敵に見えた「Jチェンジ」にも意外な弱点があることが発覚した。

それは踏み倒しメタだ。

「Jチェンジ」はおそらく召喚にはあたらないだろうから、《タイク・タイソンズ》の返しで出された《異端流し オニカマス》や《マタドール・マルクーゼ》を乗り越えられないし、他にもマナ以上の行動を封じる《奇石ミクセル/ジャミング・チャフ》といったカードにも引っかかってしまう。そうなると《タイク・タイソンズ》は相手のシールドに特攻するしかなくなってしまうのだ。

マナベースと踏み倒しメタという、立ちはだかる2つの課題。やはりこんな時期に双極篇第3弾入りのデッキを独り先走って作ろうというのがそもそも無謀だったのか。

神様、もし……もし願いが叶うなら。

踏み倒しメタに対抗する手段を持った自然のジョーカーズさえいれば……

 ???「フフフ、お困りのようですね……!!」

あ、あなたは……!?

デュエマ神、デッドマン!!! (なぜChoo-Choo TRAIN……?)

 デッドマン「そのデッキにぴったりの新カードを持ってきました!ぜひ使ってみてください!」

はたしてデッドマンが持ってきてくれた新カードとは!?

8/3更新の次回に続く!

ライター:まつがん
フリーライター。クソデッキビルダー。
論理的な発想でカード同士にシナジーを見出すのだが、途中で飛躍して明後日の方向に行くことを得意とする。
オリジナルデッキでメタゲームに風穴を開けるべく日夜チャレンジを続けている(が、上記のような理由で大体失敗する)。

 

デュエマ妄想構築録 vol.1-1 ~自然ジョーカーズの革命、Jチェンジ登場!~
デュエマ妄想構築録 vol.1-3 ~新カード、マッハファイターからJチェンジ!~
デュエマ妄想構築録 vol.1-4 ~自然ゼロジョーカーズ、爆誕!

 

次回は8/3(金)更新!!

デュエル・マスターズの記事 デュエル・マスターズの記事


もっと見る

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)