• TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第52回 50日目の誓い
  • TOP
  • 爆連載 > 【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第52回 50日目の誓い

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第52回 50日目の誓い

【あつ森】『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌 第52回 50日目の誓い


 

活動日数、50日到達!

 
今朝--。
 
いつものように、腹の上の圧迫感に耐え切れなくなり、イヤイヤながら目を開ける。
 
「うう……。お、重……」
 
うめきながら腹を見ると……。
 

 
思った通りペルシャ猫のステラが、俺の腹の上でひっくり返って熟睡していた。口からだらしなくベロを出して……w さらに、
 
「……ん? あ、足が動かせないんだが……」
 
何かが重しになっているのか、布団の中での俺の可動域が極端に狭くなっている。そこで、首だけ起こして足のほうを見ると……。
 

 
「なんじゃい」
 
もう1匹の愛猫、ノルウェージャンフォレストキャットのるーさん(ルナ)が、布団の上で陣取っていた。6キロ超の巨猫に乗られたら、そりゃ金縛り状態にもなるわな……。
 
「んだよ……。『どうぶつの森』かよこの布団……
 
目をこすりながら、ブツブツと文句を言う。そんな自分のセリフを聞いて、俺は枕元のNintendo Switchのことを思い出した。その瞬間にパチリと目が覚めるんだから、ゲーマーにとっての最良の目覚ましは“ハマっているゲーム”だということがよくわかるわ。
 
俺は腹と足元に猫を載せたまま、ウキウキと声を出した。
 
さあさあ、『あつ森』を起動すっかな^^ 早朝のさわやかな空気に包まれながら布団の中で『あつ森』を始める瞬間が、いま何よりも尊いのだ^^」
 
そう、これがここ1ヵ月の俺のルーチン。寝る直前まで『あつ森』をプレイして、眠気の限界でスリープ(ゲームも俺もなw)。朝、目が覚めたら速攻でNintendo Switchを手にして、『あつ森』を起動するのだ。
 
すると、まもなく……。
 

 
しずえ登場。
 
この朝の挨拶を見て、今日の日付と現在時刻を確認するのであるw
 
「ふむふむ……。まだ7時9分か……」
 
土曜日なのでもうちょっと寝ていても……と思ったが、生活リズムが身体に刻み込まれているので、
 
「ふぁぁぁ……。起きるかなぁ……」
 
布団の中で伸びをした。しかし相変わらず猫が微動だにしなかったので、思ったほど伸びの効果はなかった。
 
すると。
 
「ピコン!」
 
スマホが鳴って、何かを知らせてきた。あ、もちろんリアルなスマホじゃなく、『あつ森』のスマホねw
 
「ん? いきなりナンダナンダ」
 
見ると、“たぬきマイレージ+”で何かをクリアーしたようだ。確認すると……!
 

 
「あ!! こ、コレは!!」
 
アンロックされたのは、“島で過ごす かけがえのない時”の項目。『あつ森』で活動した日数に応じて配られるアニバーサリーなマイルだ。
 
ここで俺は、“活動日数50日記念”として1000マイルをいただいた。……そう、前々回の記事でこの日記の連載50回をお知らせしたが、それに合わせるように活動日数も50日に到達したのである。
 

これからも……何もしないぞ!w

 
発売日から1日もかかさずプレイし続けて50日に達したわけだが、いまだ“飽き”というものを感じていない。
 
朝の“島内パトロール”をし、
 

 
住人全員とあいさつを交わし、
 

 
釣りや虫取りに興じて、
 

 
その日の小イベント(レックスとかジョニーとか、フラリとやってくる連中ね)をこなしたりする。
 

 
そして、考えるのだ。
 
「今日は……どんなことをしようかな!」
 
未発見の魚を手に入れるために“釣りデー”にするのもいいな。いや、花の品種改良区をさらに広げるのも悪くない。もしくは……思い切ってマイホームのレイアウトをガラリと変えてみようかな!?
 

 
そんなことを考えるのが、たまらなく楽しい。50日間くり返されている思考作業なのに、こんなにワクワクさせられることに驚く。
 
これ、子どものころに夢中になった、秘密基地制作の興奮とまったく同じなんだよなw 自分だけの小さな箱庭を自由にいじくり、日々のちょっとした変化をも感じて仲間(どうぶつたち)と喜び合うというね。
 
「よーーーし!!」
 
ルナステラ島は、快晴の釣り日和だ。週末だし、急ぎの仕事もないから、今日は竿を片手に川と海に入り浸って、釣って釣って釣りまくるかな!!
 
50日の節目を迎えても、やることは変わらないw
 
何をしてもいいし、何もしなくてもいい。
 
そんな自由な我が島で、これからものんびり生きていくぞ!
 
続く。
 
大塚角満の『あつ森』おもしろガイドも更新中

大塚角満(おおつか・かどまん)

1971年9月17日生まれ。元週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。在職中からゲームエッセイを精力的に執筆する“サラリーマン作家”として活動し、2017年に独立。現在、ファミ通Appにて“大塚角満の熱血パズドラ部!”、ゲームエッセイブログ“角満GAMES”など複数の連載をこなしつつ、ゲームのシナリオや世界観設定も担当している。著書に『逆鱗日和』シリーズ、『熱血パズドラ部』シリーズ、『折れてたまるか!』シリーズなど多数。株式会社アクアミュール代表。

 

『あつまれ どうぶつの森』公式サイト:
https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

※ゲーム画面はNintendo Swicthソフト『あつまれ どうぶつの森』のものです。
© 2020 Nintendo

 

『あつまれ どうぶつの森』プレイ日記 角満島開拓日誌バックナンバー

▲第1回
いよいよ開始! 無人島生活

▲第2回
ナゼ、かぶるのか

▲第3回
島の名前問題、勃発!

▲第4回
リセマラで星を得る話

▲第5回
初めてのお出かけ

▲第6回
冨〇義勇もどきと冒険に

▲第7回
闇夜の恐怖

▲第8回
もう輪廻転生の呪いだろ……

▲第9回
青空水族館、爆誕!

▲第10回
闘将(たたかえ)! 辮髪戦士!!

▲第11回
タランチュラ島の激闘(1)

▲第12回
タランチュラ島の激闘(2)

▲第13回
おい! 鈴木!!

▲第14回
匠の部屋(1)

第15回
匠の部屋(2)

第16回
またカモか!

第17回
この春を忘れぬために(1)

第18回
この春を忘れぬために(2)

第19回
店に並ぶ人

第20回
空を見上げる人

第21回
空を見上げる人、その後

第22回
カブで資産運用を!

第23回
カブは腐るか食い時か

▲第24回
タランチュラ、一攫千金

▲第25回
風来の釣り人

▲第26回
初めての釣り大会

▲第27回
スゴいのが、いる(1)

▲第28回
スゴいのが、いる(2)

▲第29回
幻聴が、聞こえる

▲第30回
スゴいヤツのその後

▲第31回
“あいつ”がやってくる

▲第32回
あつ森キャピタルゲイン

▲第33回
金の風船、飛んだ

▲第34回
スパークが来る!?

▲第35回
アナタは……誰?

▲第36回
巨獣濃度を下げろ!

▲第37回
かわいい子゛はいねがぁ~(切実)

▲第38回
どうぶつ探し

▲第39回
ロドリー、駄目パイロット説

▲第40回
角満の部屋を大公開

▲第41回
ともだち探し、ドツボにハマる

▲第42回
ともだち探し、ついに決着!

▲第43回
住民全員、集合だッ!!

▲第44回
出会いと別れ

▲第45回
ベアード、島に馴染み出す

▲第46回
4月、最後の激闘(前編)

▲第47回
4月、最後の激闘(中編)

▲第48回
4月、最後の激闘(完結編)

▲第49回
流れ星を見たら「〇〇〇!!」

▲第50回
祝!あつ森日記、連載50回!

▲第51回 
橋をケチれ!

オススメの記事(PR)オススメの記事(PR)